【なんでも魔女商会】リフォームは魔法!小さなおさいほう魔女と女の子の友情物語【お洋服リフォーム支店】【小学校低学年以上】

2021年4月6日

広告

なんでも魔女商会 お洋服リフォーム支店 あんびるやすこ 岩崎書店

転校してきたばかりのナナが森でみつけた素敵なお店。それは、「おさいほう魔女」と猫が働く、リフォーム店だったのです。女の子と森の動物たちと小さな魔女の、不思議なファッションファンタジー。

この本のイメージ かわいい☆☆☆☆☆ おしゃれ☆☆☆☆ 不思議☆☆☆☆

なんでも魔女商会 お洋服リフォーム支店 あんびるやすこ 岩崎書店

<あんびるやすこ> 群馬県生まれ。東海大学文学部日本文学科卒業。テレビアニメーションの美術設定を担当。作品に「だっこちゃんどこ?」「まじょのまほうやさん」「こじまのもり」シリーズなど。 

 「魔法の庭ものがたり」「ルルとララ」でおなじみ、あんびるやすこ先生のファッションファンタジーシリーズ「なんでも魔女商会」です。

なんでも魔女商会 お洋服リフォーム支店 あんびるやすこ 岩崎書店

 とにかく、多作な方です。お話はしっかりとした王道児童文学ですし、絵はかわいくてカラーの挿絵もふんだんに入っています。いったいどんなペースでお仕事されてるんだろう、と思います。
正直、ここまでハイペース、ハイクオリティで仕事出来てしまう方がいらっしゃると、この方を基準に他の作家さんがこのペースの仕事を要求されるとキツイだろうなあ、と余計な心配をしてしまいます。それくらい超人的な仕事量です。

 わたしはまだ、あんびる作品を読むのが四冊目なのですが、お話は主人公の成長が感じられる王道ものが多く、悪者が出てこない、やさしい雰囲気が大好きです。
また、キャラクターも愛らしく、着ている服がどれも素敵なので真似したいと思うお子様も多そう。カラーの挿絵もクラシックな雰囲気がありつつ、今風のキュートさもあり、わくわくしてきます。

 さて、今回のお話のあらすじは……

 転校してきたばかりのナナは、まだ新しい環境になじめないでいました。
 そんなとき、近くの森を歩いていると、不思議なお店に出会います。
「なんでも魔女商会 お洋服リフォーム支店」。

 そこで働いていたのは、ナナと同い年くらいの小さな魔女シルク。そして、しゃべる猫のコットンでした。 不思議なお店の扉をノックして、訪ねてきたお客さんは、なんとねずみさんたち。

 もうすぐやってくる、「たんぽぽカーニバル」のためのドレスの注文なのです。ただし、それはねずみさんのものではなく、仲良くしているくまさんのためのもの……。

 でも、問題が一つ。このお店は「リフォーム店」。新しいドレスをお仕立てするのではなく、古いドレスをリフォームするお店です。ねずみさんの小さなドレスでは、くまさんのドレスにリフォームできません。
さてさて、どうすればいいかしら……

 と言うお話。

なんでも魔女商会 25刊セット あんびるやすこ 岩崎書店
25刊セットもあります。

 みんなの創意工夫で完成したくまさんのドレスはカントリー風でとってもかわいらしい。デザイン画の挿絵も素敵です。(おそらく毎回これが入るのでしょう)このドレスいいなあ、自分でもこういうのほしいなあと思ってしまいます。(わたしが若い頃は、こういう服が流行ったんですよ!)

 シルクは、ちょっとクールでつっけんどんなところがありますが、プロ意識の高い、優秀なおさいほう魔女です。コットンは、そんなシルクをかいがいしく世話をする、「めしつかいねこ」。お茶をいれたりお菓子を作ったりしてくれます。いいな、ほしいぞ、コットン!

 そんな感じで、このおはなしには女の子がいいな、好きだな、うらやましいな、と言う要素がてんこ盛りに入っているわけです。

 ねずみさんの注文を叶えるために、ナナはシルクを手伝います。一緒にがんばることで、二人の間に友情が芽生えてゆきます。ナナには、大切な友達が出来ました。

 「ルルとララ」を読めばお菓子を作りたくなり、「魔法の庭ものがたり」を読めばハーブに興味を持ち、「なんでも魔女商会」を読めばお裁縫がしたくなり、と女の子の好奇心が広がるお話ばかり。

 ぜひ、親子で読み聞かせしてみてください。小さな女の子へのプレゼントにもぴったりです。

繊細な方へ(HSPのためのブックガイド)

 ネガティブな要素はありません。かわいらしいファッションファンタジーです。お子様の家庭科の授業が始まる前に、この絵本でお裁縫への気持ちを育ててもいいかもしれません。シルクの服がとってもかわいらしく、お子様がコスプレしたくなるかも。
おいしそうなティータイムの挿絵があります。読み終わったら、温かい紅茶とパンケーキをどうぞ。

お気に入り登録をしてくださればうれしいです。また遊びに来てくださいね。
応援してくださると励みになります。

にほんブログ村 本ブログへ

広告