【わかったさん】おうちでアイスをつくってみない?カラフルなクッキングファンタジー!【小学校低学年以上】

2020年7月23日

広告

わかったさんのアイスクリーム 寺村輝夫/作 永井郁子/絵 あかね書房

わかったさんは、クリーニング屋さんの娘です。今日は、サトウさんにブルゾンを届けに行きました。でも、サトウさんはお出かけ中。「アイス市クリーム町にいます」と言う書置きが…。これって…?

この本のイメージ クッキング☆☆☆☆☆ ファンタジー☆☆☆☆☆ どうしてそうなる☆☆☆☆☆

わかったさんのアイスクリーム 寺村輝夫/作 永井郁子/絵 あかね書房

<寺村 輝夫>
1928年東京生まれ。早稲田大学卒業。『ぼくは王さま』で第15回毎日出版文化賞受賞。1984年「独特のナンセンステールズで、子どもの文学の世界を広げた」功績により第17回巌谷小波文芸賞を受賞。2006年没。

 そろそろ夏。今年の夏は、夏休みがないかもしれません。けれど、外出自粛期間も続きそうですし、どうすごすかは難しいところです。

 そんなとき、読書してクッキングはいかがでしょう。

 「わかったさん」のシリーズは、ファンタジックなお話と、お菓子つくりのレシピが合体した、一粒で二度おいしい(この表現も古いよ)絵本です。お話は、小さなお子様が楽しめる、ナンセンスファンタジー。レシピは、どれも小さいお子様でも作れる簡単なものばかりです。

今回のレシピはアイスクリーム。先日、アイスクリームを作るお話の絵本「じごくにアイス」をご紹介しましたが、今回のはお話を楽しみながら、ほんとうにアイスを作れちゃいます。「じごくにアイス」はやんちゃな男の子向けでしたが、こちらは、女の子やお料理の好きな男の子向けです。

わかったさんのアイスクリーム 寺村輝夫/作 永井郁子/絵 あかね書房

 わかったさんは、クリーニング屋の娘で、お店のお手伝いをしています。
 自分で車を運転して配達しているので、もう大人という設定です。何があっても、何を頼まれても、明るく「わかった、わかった」とこたえるので「わかったさん」と呼ばれているんです。

 今日は、わかったさんはブルゾンを届けにサトウさんのマンションへ。すると、サトウさんは、お留守で、「アイス市クリーム町にいます」と書置きが。サトウさんの部屋から犬の声がします。犬が置き去りにされたのかと、心配してわかったさんがドアを開けると、そこは大雪原。

 さあ、「わかったさんワールド」にジャンプです。

 サトウさんとわかったさんは、犬そりのように犬が引っ張るモーターボートに乗って、アイスクリームの材料を探す旅にでます。

 そして、南国の美しい島のミツバチの宮殿で、女王バチからハチミツをもらい、海賊船と戦ってミルクと生クリームを分捕り、
 サトウさんのマンションにもどってきます。部屋にもどると、五匹の犬がめんどりに返信し、卵を産んでくれて、材料ゲット。
 これで、全部そろいました。

 あとは、いつもの、歌のようなクッキングシーンです。

 サトウさんとわかったさんがアイスクリームを作り終えると、夢のような世界は消えて、ごくふつうの日常の世界にもどってきました。
 「あら、わかったさん、ブルゾン、とどけてくれたのね、ありがとう」

 サトウさんは、「これからハチミツいりのアイスクリームを作るので、おしごとおわったらよってちょうだいね」、と声をかけてくれます。

 なにがなんだかわからなくて、わかったさんは、サトウさんのマンションを去るのでした。

 わかったさんのファンタジーには、理屈がありません。
 突拍子もないことが次々起こる、不条理ファンタジーです。

 でもこれ、「幼児の夢そのもの」なんですよね。小さい子供の頭の中はとりとめがない。だから、こっちのほうがすんなり頭に入ってしまうんです。「つじつまの合ったファンタジーが読みたい」と思い始めるのは、もう少し年齢が上がってから。

 カラフルなフルカラーの挿絵がふんだんに使われており、また、わかったさんのファッションがレトロでおしゃれです。ストーリーは、理屈はないけれど、とにかく楽しい。読みながらウキウキしてくるのが「わかったワールド」です。

 週末の午後、お子様と読み聞かせのあとクッキングはいかがでしょうか。平日の夜に読み聞かせして、週末につくるのもいいですね。レシピで難しそうなのは、弱火で牛乳を火にかけるところだけですから、ここだけ気をつけておけば、あとは大丈夫。
 失敗しても、それが思い出になります。

 ハチミツを使ったレシピなので、免疫力も上げてくれますよ!

繊細な方へ(HSPのためのブックガイド)

 ネガティブな要素はいっさいありません。明るい、クッキングファンタジーです。カラフルでちょっとレトロなテイストも、今はかえっておしゃれです。
 大人がなつかしく読むのもいいし、小さなお子様にプレゼントしても。
 巻末には、アイスクリームを使ったアレンジレシピも絵入りで掲載されており、一粒で何度もおいしい、お得なファンタジー絵本です。

いつもありがとうございます

にほんブログ村 本ブログへ

広告