【はりねずみのルーチカ】心優しいはりねずみの、ほのぼのストーリー。シリーズ第1巻。【小学校中学年以上】

広告

はりねずみのルーチカ かんのゆうこ/作 北見葉湖/絵 講談社

フェリエの国に、ふしぎな動物たちが幸せに暮らしています。ルーチカは心の優しいはりねずみ。いつも頭にりんごを一つ、乗せています。その日、ルーチカは、今まで聞いたことのない、美しい笛の音を聴いたのでした……

はりねずみのルーチカ かんのゆうこ/作 北見葉湖/絵 講談社

<かんのゆうこ>
1968年、東京生まれ、東京女学館短期大学文科卒業。主な絵本に「ふゆねこ」などの四季ねこシリーズ、「カノン」、「星うさぎと月のふね」「マルーシカと12の月」(以上、講談社)「碧空のかけら~チベットの子どもからのおくりもの」(エイト社)など多数。「星うさぎと月のふね」はプラネタリウム番組化され、各地で上映されている。

<北見葉湖>
1957年、神奈川県生まれ。武蔵野美術短期大学卒業。主な絵本に「カノン」(講談社)「そらの木」(岩崎書店)「リトル・レトロ・ラム」(理論社)「小学生になる日」(新日本出版社)「絵本・グリム童話シリーズ」(岩崎書店)など。「タマリンとポチロー」(講談社)で、2005年ボローニャ国際絵本原画展入選。「ルウとリンデン 旅とおるすばん」(講談社)で、2009年ボローニャ国際児童図書賞(ラガッツィ賞)受賞。

はりねずみのルーチカ かんのゆうこ/作 北見葉湖/絵 講談社

 最近、はりねずみがひそかなブームです。文房具や雑貨、シールなど、かわいいはりねずみがあしらわれているものが増えましたよね。

 小さくて非力な小動物なのに、大きな動物に踏んづけられると針を出してやり返すなんて、はりねずみ、かっこいい。
 わたしは、はりねずみモノが大好きなので、シールや雑貨など、かわいいものをちょこちょこ買っています。

 ほんもののはりねずみは肉食で、かなり気性が荒いらしいのですが、あのトゲトゲが、妙に可愛らしく感じられてしまうんです。

 今回ご紹介するのは、心優しいはりねずみ、ルーチカのシリーズです。
 このシリーズは初読です。はりねずみが主人公の創作童話があったんですね。

 お話は……

 ここはフェリエの国。動物や精霊や人間たちが仲良く暮らす、不思議な場所です。
 はりねずみのルーチカは、うちにあるリンゴのジャムがなくなったので、新しいジャムをつくろうと、赤すぐりを摘みにでかけました。仲良しの、もぐらのソルも一緒です。

 そこで、ルーチカは、いままで聞いたこともない、美しい笛の音を聞いたのでした。

 すぐりを摘んだ帰り道、川に落ちそうになっていた、てんとうむしのニコを見つけます。必死に助けようとするルーチカたちですが、どうしても手が届きません。そんなとき、不思議な少年が助けてくれて……

 ……と、いうのがあらすじ。

 ルーチカはいつも頭の上にリンゴを1個、のせて歩いています。これは、おなかをすかせた人に出会ったら、プレゼントするため。なんだかアンパンマンみたいですね。優しい子なんです。

 ルーチカは、てんとうむしのニコを助けようとして、不思議な少年トゥーリに出会います。どうやら彼はレギュラーキャラになるようです。

 ほかにも、仲良しのもぐらのソル、白猫と黒猫のふたごルクルとクプル、物知りの陸亀テールおじさん、オルゴールの中に住む小さな楽団カノンたち、妖精の女の子ノッコなど、心優しい仲間たちがフェリエの国に住んでいます。

 さて、おなかをすかせて倒れていたトムテ(小人)の子どもにりんごを上げて、お礼にバイオリンをもらったルーチカ。これがあとで大騒動になるのですが……

 後半は、とある存在がみんなに迷惑をかけるのですが、みんなの機転で、一緒に楽しく遊んじゃうと言うハッピーエンド。
 おお、悪者退治ではないんですね。意外だけど、ほのぼの楽しいラストに、ちょっとだけじーんとしてしまいました。

 どんな存在も、存在そのものを受け入れてしまうフェリエの国の人たち。
 これからどんな事件が待っているのでしょうか。

 北見葉湖先生のあたたかみのある絵も魅力的で、ふんだんに入っています。ルクプルの家は素敵だし、ごちそうを食べているシーンがとにかくおいしそう。かんのゆうこ先生のやさしい文章にぴったりです。

 字は程よく大きくて読みやすく、難しい漢字には振り仮名がふってあるので、小学校中学年から。残念ながら総ルビではありませんが、あまり難しい漢字は使われていないので、がんばれば読めると思います。

 大人の和み本としても、おすすめ。悪者が登場しないお話なので、心が疲れたとき、リラックスタイムの読書に最適です。

 かわいいルーチカのシリーズ、これからこつこつ読んでゆくつもりです。つづきが楽しみです。

※この本は電子書籍もあります

繊細な方へ(HSPのためのブックガイド)

 ネガティブな要素はまったくありません。
 ちょっと疲れたときの、回復アイテムとしておすすめします。
 優しい動物たちのファンタジーです。騒動を起こす存在はいますが、悪者ではありません。悪者退治ではなく、アイディアを使って楽しく解決してしまいます。

 子どもから大人まで、なごみたい時に。
 読後は、赤すぐりのジャムと、ほかほかのパンでティータイムを。

お気に入り登録をしてくださればうれしいです。また遊びに来てくださいね。
応援してくださると励みになります。

にほんブログ村 本ブログへ

広告