【まじょのナニーさん】スーパー家政婦さんがやってきた!これで姉妹もなかなおり。シリーズ第4巻【ふわふわピアノでなかなおり】【小学校低学年以上】

2022年10月1日

広告

まじょのナニーさん  ふわふわピアノでなかなおり  藤真知子/作 はっとりななみ/絵 ポプラ社

お姉さんのリリがピアノのコンクールに出場するのでママは付き添い。そして、パパは出張です。ナナはひとりでお留守番なの?不満なナナでしたが、ママはちゃんと手配していたのです。それは……

この本のイメージ 魔法☆☆☆☆☆ 姉妹愛☆☆☆☆☆ 個性それぞれ☆☆☆☆☆ 

まじょのナニーさん  ふわふわピアノでなかなおり  藤真知子/作 はっとりななみ/絵 ポプラ社

<藤真知子>
東京女子大学卒業。「まじょ子どんな子ふしぎな子」でデビュー。以後、「まじょ子シリーズ」は、幼年童話のファンタジーシリーズとして人気を博し、ついに60巻で完結。ほかにも「わたしのママは魔女シリーズ」(全50巻)など、作品多数。

<はっとりななみ>
武蔵野音楽大学卒業。その後東京デザイン専門学校でグラフィックデザインを学び、製紙メーカーデザイン部を経て、イラストレーターに。絵本の挿絵やグリーティングカードほか、さまざまな媒体にイラストレーションを提供している。

まじょのナニーさん  ふわふわピアノでなかなおり  藤真知子/作 はっとりななみ/絵 ポプラ社

 かわいい魔女ものファンタジーシリーズを多数生み出している藤真知子先生の現行シリーズ、「まじょのナニーさん」第4巻。初版は2018年。

 「まじょのナニーさん」は、魔法を使えるスーパー家政婦さんが、なんらかの理由でお留守番をしなければならない小さな子供のもとへ来て、様々な困りごとを魔法で解決してくれる一話完結のファンタジーシリーズです。

 基本的に一話完結なので、どの巻から読んでも楽しめますが、最初から順番に読みたい、と言う方は、「まほうでおせわいたします」から。「まほうでおせわいたします」のレビューはこちら

 ナニーさんは、「どうして家政婦をしているのか」「どうして魔法が使えるのか」「そもそも何者なのか」が、まったく説明されていません。どこまでもミステリアスで、不思議な女性です。ちょっとメアリー・ポピンズに似ていますが、メアリーのほうが厳しめです。ナニーさんは厳しいと言うより真面目な感じ。

 生真面目なナニーさんは、あまり「たとえ」とか「言葉のあや」などの微妙な表現がわからず、言葉を「言葉どおり」受け止めてしまうことが多く、それが天然のおかしみ、かわいらしさになっているのでした。

 そんなナニーさんの今回の活躍は……

 ナナのお姉さんリリはピアノが上手。ナナがすぐ飽きてしまったピアノを毎日練習して、コンクールに出場することになりました。
 ママはリリの付き添いで、遠くまで泊りがけででかけます。

 こんなとき、いつもならナナはパパと出かけるのですが、今回はパパは海外出張になってしまいました。

 ひとりぼっちでお留守番はつまらない……そう思っていたナナのもとに、ママが手配したナニーさんがやってきます。

 ナニーさんが魔法が使えると知って、びっくり。
 ナナがナニーさんと一緒にピアノの練習をしていると、楽譜のなかからヘンゼルとグレーテルが飛び出してきます。仲良しのヘンゼルとグレーテルを見て、ナナはリリとの楽しい日々を思い出します。

 「わたしもおねえちゃんを応援しなきゃ」……

  ……と、いうのがあらすじ。

 「まじょのナニーさん」では、毎回、小さな子どもが悩みがちなお悩みや困りごとをナニーさんが優しく解決してくれる物語です。

 今回は、リリとナナの姉妹愛の物語。ピアノが上手で真面目なおねえちゃんリリと、あんまり真面目でない妹ナナ。ナナはリリのために自分がひとりぼっちでお留守番になってしまったことで拗ねてしまいます。

 けれど、ナニーさんのおかげでナナは本当はリリが大好きなことを思い出し、精一杯リリの応援をしようと決心するのでした。

 リリのために頑張ろうと心に決めてからのナナは大活躍。リリを励まし、リリのピアノ発表会を開催したりと駆け回ります。

 ナナはピアノの練習をコツコツ続けるのは苦手でしたが、コミュニケーション能力が高く、お友達に声をかけたり、イベントの準備をしたりといったことに才能があったのでした。

 真面目でピアノが上手なリリと、コミュ力が高いナナ。それぞれにいいところがあったのです。

 長所と短所は人それぞれ。
 真面目で繊細なリリは落ち込みやすく、真面目なことは苦手なナナは元気で回復が早いのが強みです。

 おんなじことをしようとするとぎくしゃくしてしまうけれど、互いの個性を生かせば、それぞれが支えあい、すばらしい結果を出すことが出来るのです。

 ナナが自分のよさに気がつけたこと。それがナニーさんの魔法なのかもしれません。

 字はかなり大きいので、絵本を卒業したばかりのお子さまに。はっとりななみ先生のカラフルで可愛らしい絵がふんだんに入っています。

 底抜けに明るく楽しいファンタジーです。大雨をナナとナニーさんが止めるエピソードもあるので、この季節におすすめ。どうやって止めるかは、ぜひお読みになって確かめてみてくださいね。

 ※この本には電子書籍もあります。

繊細な方へ(HSPのためのブックガイド)

 ネガティブな要素はありません。
 姉妹で互いを比べてぎくしゃくしてしまっているお子さま、習い事がうまく続けられないお子さまに。自分だけのよさに気づく物語です。

お気に入り登録をしてくださればうれしいです。また遊びに来てくださいね。
応援してくださると励みになります。

にほんブログ村 本ブログへ

広告