【野ばらの村の秋の実り】どこかなつかしい、美しい自然と愛らしい動物たちの絵本。愛されるロングセラー【小学校低学年以上】

広告

野ばらの村のけっこんしき ジル・バークレム/作 こみやゆう/訳 出版ワークス

野ばらの村のねずみたちは、ブラックベリーの取り入れに大忙し。森ねずみ男爵は、朝早く娘のプリムローズを連れてブラックベリーの草むらにむかいましたが、プリムローズは迷子になってしまい…… 

この本のイメージ 動物ファンタジー☆☆☆☆☆ 美しい絵☆☆☆☆☆ 秋の森☆☆☆☆☆

野ばらの村のけっこんしき ジル・バークレム/作 こみやゆう/訳 出版ワークス

<ジル・バークレム>
1951年にロンドン郊外にあるエピングの森の近くで生まれた。ロンドンのセント・マーチンズ美術学院に学んだが、毎日ロンドン市内に通学するうちに、エピングの豊かな自然と生活をあらためて見直すようになり、それが“のばらの村のものがたり”シリーズとして実を結んだ。1981年第16回世界絵本作家原画展(至光社、丸善供催)みみずく賞、1982年度ボローニャ国際児童図書展エルバ賞を受賞

野ばらの村のけっこんしき ジル・バークレム/作 こみやゆう/訳 出版ワークス

 原題はBrambly Hedge : Autumm Story.イギリスでの初版は1980年。日本語版は、かつて 岸田衿子訳「木の実のなるころ」というタイトルで、講談社から1996年に出版されました。
 一度絶版になり、出版ワークス様から2021年に出版されています。新訳は小宮由先生です。

「野ばらの村」シリーズは、どの順番で読んでも楽しめるのですが、順番通りに読みたい方は、まずは第一巻「野ばらの村のピクニック」からお読みになってください。

 ※「野ばらの村のピクニック」のレビューはこちら

 お話は……

 秋の実りの季節、野ばらの村の野ねずみたちは、秋の収穫にはげんでいます。
 森ねずみ男爵は、愛娘のプリムローズを連れてブラックベリーの収穫をしていました。

 ところが、プリムローズが男爵からはぐれ、迷子になってしまったのです。

 迷子のプリムローズは、かやねずみの一家にお茶をごちそうになったり、不思議な迷路のような地下道に入り込んだりして大冒険をしてしまいます……

 ……と、いうのがあらすじ。

 今回の主人公は、森ねずみ男爵のむすめ、プリムローズです。
 プリムローズはまだまだ小さな子ども。野ばらの村の地理もよくわかっていないみたい。

 そんなプリムローズが父親とはぐれてしまったのですから、家族は真っ青になって探し回ります。

 美しい秋の森や草原のようすだけでなく、裕福な森ねずみ男爵の優雅なおうちのなか、プリムローズがもてなされるかやねずみの愛らしいおうちなど、見どころがたくさん。

 ジル・バークレムの絵は、「ピーター・ラビットの絵本」のビアトリクス・ポターのようなリアリティ路線です。
 かぎりなくリアルに近い野ねずみたちを二足歩行させて、クラシックなイギリスの衣装を着せて生活させています。

 巣は、動物の巣らしくはなく、切り株や土の中に、ドールハウスのようなかわいらしいおうちを作っており、ねずみたちはそこでパンケーキやパイを焼いたり、ジャムを作ったりして暮らしているのです。

 チーズ小屋ではチーズを、粉引き小屋では小麦粉を作っています。この、ありそうでない感じ。ねずみの姿はとことんリアルなのに、生活はイギリスの人間の生活に近い感じ。

 また、表紙裏には、野ばらの村周辺の地図が印刷されており、プリムローズがどのあたりをさまよっていたのかもわかります。こういうのは地図好きのお子さまが見るとたまらないかも。

 この野ねずみたちの木のおうちや、土の中のおうちの詳細さは、おそらく男の子がわくわくするタイプのもの。
 そして、プリムローズの可愛らしいお部屋や、野ねずみたちのクラシックなドレスなどは、女の子が大喜びするでしょう。

 男の子も女の子も楽しく読めるようにできているのです。さすがのロングセラー。

 それだけではなく、ジル・バークレムのあたたかみのある筆致、どこかなつかしいクラシックな雰囲気、そして、詳細に描かれた植物など、大自然の美しさなどなど、大人が読んでもながめているだけで癒されます。

 わたしは、このサイトで、「大人の趣味としての絵本や児童書の読書」をおすすめしています。

 子どものために作られたものは、時を超えて愛される魅力があり、クオリティが高く、大人が読んでも心のケアになります。

 疲れたとき、しんどいとき、やさしい雰囲気の絵本を読んでみてください。自分の心の中の子どもの部分にダイレクトにアクセスして、擦り切れそうな神経を和ませてくれるでしょう。

 「野ばらの村」シリーズは、表紙のデザインも美しく、おしゃれなので、読み終わった後はインテリアにもなります。

 子どもから大人まで、40年以上愛されてきたロングセラー絵本です。
 秋は、美しい絵本をながめながら、温かいお茶を飲むのにぴったりの季節。
 お子さまへのプレゼントに、ご自分の和みに、かわいいものが大好きな方への贈り物に。

 子どもから大人まで、絵本を愛する方におすすめです。

繊細な方へ(HSPのためのブックガイド)

 ネガティブな要素がいっさいありません。どこをとっても美しく、愛らしい秋の絵本です。贈り物にもぴったり。
 動物が好き、イギリスのクラシックな雰囲気が好き、シルバニアファミリーがお好きな方にもおすすめです。

 読後は、ベリーのパイと熱い紅茶でティータイムを。

お気に入り登録をしてくださればうれしいです。また遊びに来てくださいね。
応援してくださると励みになります。

にほんブログ村 本ブログへ

広告