本棚

むかし、すぺいんに ふぇるじなんど というこうしがいました。かれはおはながだいすきでした━━。戦いが嫌いな牛ののどかで幸せな生活を描いて、ずっと愛されている名作絵本です。

この本のイメージ 古典名作☆☆☆☆☆ 牛がかわいい ...

本棚

ぼくはにんげん。でも、にんげんだからこそ、「えらぶ」ことができるんだ━━ 人のすばらしさ、人生のすばらしさを教えてくれる絵本。子どもはもちろんのこと、大人が読んでも、シンプルな悟りに気づきます。読み聞かせに、プレゼントに。子どもから大 ...

本棚

アンネリーゼは弟の手を引いて、がれきになった街を歩いていました。大好きだった図書館はもうありません。けれど、ある大きな建物で、たくさんの子どもの本が飾られている展示会が行われていたのです……

この本のイメージ 平和とは☆☆ ...

本棚

あるところにソフィーと言う女の子がいました。ソフィーとおかあさんは台所でお茶の時間にしようとしていました。すると、突然、玄関のベルが鳴りました……1994年に出版されてから、ずっと愛されているロングセラー絵本です。

この本 ...

本棚

ベストセラー「ちいさなあなたへ」を生み出したアリスン・マギーの、親の愛がいっぱい詰まった絵本です。人生の荒波をこえてゆく子どもへのエールに満ちています。

この本のイメージ 人生へのエール☆☆☆☆☆ 子どもから大人まで☆☆☆ ...

本棚

図書館犬ボニーの子スターはマディの大切な愛犬。そのスターがセラピー・ドッグのテストをうけることになりました。一生懸命スターの訓練に付き合うマディ。お年寄りとのふれあいも上々です。けれど、ひとりだけ、スターと触れ合ってくれないおじいさん ...

本棚

ある日、ぼうしのおうちに ゆきがふりました。ポコポコは しまっておいたけいとのぼうしやマフラーを いいそとだしました。「こんなに あたたかなひに どうしてゆきがふったのかな?」これは、せかいのどこかにすんでいる ちいさなちいさなどうぶ ...

本棚

ハリネズミくんは、自分の針が嫌いでした。ほかの動物たちと遊びたくても、自分の針が相手を傷つけてしまうからです。そんなハリネズミくんに、クマさんは高い場所の景色を見せてあげます。クマさんにお礼がしたくなったハリネズミくんは……

本棚

雪が解け始めたころ、ヤマネくんは春の呼び声に目を覚まします。誰か目を覚ましていないかな?うきうきして駆け出したヤマネくんが見たものは、今にも崖から落ちそうな切り株とミツバチさんたちの家。さあ、たいへんだ!

この本のイメージ ...

リビング, 本棚

せんそうがやってきた日、まどべには花がさき、おとうさんはおとうとに子守唄をうたってた。おかあさんは朝ごはんをつくり、わたしの鼻にキスをして、学校までおくってくれた……

この本のイメージ 難民の少女☆☆☆☆☆ 子どもたちの想 ...