魔法の本棚

2020年4月5日

広告

あなたは本が好きですか?

わたしは、本が大好きです。でも、ものすごく読書家というわけではありません。実はその逆。ここ15年近く、忙しさを言い訳にして、ずっと本を読んでいませんでした。

ところが、数年前、体調を崩して寝込んでから、一時期、本気で「本を読めなくなって」しまったことがあるんです。そのときのことは、説明するのは難しいんですけど、何度読んでも目が滑ってしまって、長い文章が読めなくなってしまったんです。

それは、さいわいにして一時的な症状で、すぐにまた読めるようになったのですが、わたしの人生観を変えるには充分な事件でした。わたしは、それまで「忙しい、忙しい」と言いながら、本を読むことを後回しにしてきたことを心底悔いました。

このまま、一生本が読めないままだったらどうしよう……

あの本もこの本も、まだ読んでいないのに……

本なんていつでも読めると思っていたけれど・・・

「いつでも」なんて、人生にはない。したいと思ったら、今やらなくちゃ!

そう思って、それから、読書の時間は無理をしてでも作ろうと思って読んでいます。このサイトでは、そんなわたしの読書報告をしていきます。

人生の中で「なんとしてでもやりたいこと」が読書だなんて変な奴だな、と感じる方もいらっしゃるかもしれません。正直、読書を「暇なときにすること」と思っていらっしゃる方もいますよね。でも、読書をずっと後回しにしてきたわたしにとって、もう読書はこれ以上後に回せないものなんです。

学者や研究者ではないので、わたしの読書は完全に趣味です。この、「趣味の読書」にここまで未練があって、「やり残した」感があるって、なかなかご理解いただけないと思うのですが、世の中、いろんな人がいると思うので、わたしみたいな人が一人くらいいてもいいですよね!(開き直り)

そのうえ、大層な本は読まないと思うので!(をい)そんなに意識高いブログにはならないとは思うんですが、でも、読んでくださる方々のお役に立ちたい気持ちは、あふれんばかりにあります!

ぶっちゃけ、他人の読書日記なんてつまらないって方もいらっしゃると思うんです。なので、できるかぎり、読んでくださる方々のために有益な情報を提供したいと思います。 そして、ご一緒に読書の楽しさを分かち合いましょう。

本を読むって、もっと気軽なこと

教養が身につかなくちゃ。とか、成績や仕事に役立てなくちゃ。とか、何か利益を生まなくちゃ。とか、そんなこととは関係なく、本を読むのは「楽しいこと」。ですよね?!

楽しいことなのに、ずっと「すべきこと」とか「しなきゃいけないこと」のために、後回しにしてきた読書。でも、いまは開き直って「あなたがそんなの読んでどうするの」って言われそうな本もバンバン読んでいますよ!

ただ「読みたいから」。

興味のままに手を伸ばして、難しくて理解できなくて放り出してしまった本もあるし、面白くて何度も読んだ本もあるし、子供の頃に読んですっっっかり忘れてしまって読み直した本もあります。

どの読書も楽しいのです。

このブログでは、そんな「お気楽」読書の記録をみなさまと共有したいと思います。

このサイトの使い方

このサイトは、書評をメインにしたサイトです。また、5人に1人存在する、「ひといちばい敏感な人」HSP、HSCのためのブックガイドでもあります。

このサイトで紹介される本のジャンル

  • 児童文学
  • 絵本
  • レシピ本
  • 幼児教育
  • HSP,HSC関係
  • 内向型の人向けの本

このサイトで紹介する本の特徴と目的

  • 基本的にハッピーエンド。バッドエンドやデッドエンドは紹介しない。
  • 流血シーンや暴力シーンが少ない。(ある場合は「繊細な方へ」の項目でコメントとして説明)
  • 文章が平易で読みやすい本。
  • 読者が幸せになることを祈っている、願いにあふれた本
  • 学習の助けになる本
  • 心が癒される、または救われる本
  • 日常がちょっと幸せに、豊かになる本

激しいネタバレはしないように心がけていますが、ストーリーに関る情報は何も知りたくない人のために、冒頭で「本のイメージ」を☆であらわしています。

その下のコラムでは、ストーリーのエッセンスをご紹介しています。本をお子様やお年寄り、入院中の方などにプレゼント、ないし差し入れされる方は参考になさってください。

【都会のトム&ソーヤ】天才とサバイバル少年の冒険譚第2巻。謎のゲームクリエイターを探せ【乱!RUN!ラン!】【小学校高学年以上】

自称「ふつうの中学生」内藤内人と、竜王グループの御曹司竜王創也は、ひょんなことから相棒になりました。創也には、「究極のゲームを作りたい」と言う目標があったのです。その目標を達成するうえでの最大のライバルは覆面ゲームクリエ […]

コメントなし

【パパとママのたからもの】自己肯定感を高めるほのぼの絵本。くまの親子の物語。【読み聞かせ】【2歳 3歳 4歳 5歳 6歳】

むかしむかし、あるところに、お父さんくまとお母さんくまと三匹のこぐまがいました。パパとママは、子どもたちを寝かしつけるときに、いつも同じことをいいます。「おやすみ、せかいでいちばん かわいい こぐまたち!」でも、ある日、 […]

コメントなし

【不思議な木の実の料理法】不思議な木の実が届いたら?こそあどの森のほのぼのストーリー【こそあどの森の物語】【小学校中学年以上】

スキッパー少年のところに、出張中のバーバさんから小包が届きました。いつもはこそあどの森の「ウニマル」と呼ばれている家でスキッパーと暮らしているバーバさんは博物学者。いまは南の島で研究しているのです。小包の中には不思議な木 […]

コメントなし

【はりねずみともぐらのふうせんりょこう】森の動物たちのほのぼのライフ。読みはじめにおすすめのおはなし集【小学校低学年以上】

はりねずみともぐらが歩いていると、木の下でふうせん売りの女の人が休んでいました。つかれきっているのか、眠っています。はりねずみはふうせんに興味しんしん。もぐらは、そのふうせんをふたつ、はりねずみのために買ってあげることに […]

コメントなし

【天井うらのふしぎな友だち】引っ越した古民家は妖怪つき?大人にもおすすめのほのぼのファンタジー【小学校中学年以上】

紅と了が引っ越したのは、古い大きな民家でした。でも、そこに、不思議な妖怪が引っ越してきたのです。彼らは「乗り物のつぼ保存対策委員会」と名乗り、怪しい活動をはじめました。乗り物とは?つぼとは?彼らは何者なんでしょうか? こ […]

コメントなし

【白狐魔記】妖狐がみつめる人間模様。大塩平八郎の乱編【小学校中学年以上】

長い眠りから醒めた白狐魔丸は、雅姫(つねひめ)に誘われて江戸に向かいます。江戸では怪盗鼠小僧が世を騒がせていました。江戸から戻った白狐魔丸は大阪へ。大阪では飢饉で苦しむ人々が反乱をおこそうとしていたのです。 この本のイメ […]

コメントなし

【ハウルの動く城シリーズ】チャーメインが留守番することになった家は魔法の家?! 本好きの女の子の大冒険【小学校高学年以上】

ウィリアム大おじさんが病気になって入院したのでチャーメインは、大おじさんの家の留守番にやってきました。でも、とっても小さなこの家は、実はものすごく大きな魔法の家だったのです! そこへ転がり込んできた少年ピーターと、不思議 […]

コメントなし

【風柳荘のアン】赤毛のアンシリーズ四冊目。校長先生になったアンの書簡集。【赤毛のアンシリーズ】【中学生以上】

アンは22歳になり、プリンス・エドワード島の港町、サマーサイドで校長先生の仕事をすることになりました。ふたりの未亡人が暮らす「風柳荘」(ウィンディウィローズ)に下宿することになったアン。これは、そんなアンの三年間の生活を […]

コメントなし

【ハロウィン】【ヴァンピリーナはバレリーナ】ハロウィンにぴったりのコワかわいい絵本!ヴァンパイアのプリマドンナ【3歳 4歳 5歳 6歳】

ヴァンピリーナはヴァンパイアの小さな女の子。彼女はバレリーナになりたいのです。やさしいお母さんと教室を選び、夕方からのレッスンに通います。一所懸命練習したら、ドキドキの初舞台です。 この本のイメージ 怖くないオカルト☆☆ […]

コメントなし

【点子ちゃんとアントン】ケストナーの名作!生まれも育ちも違う女の子と男の子の最高の友情。【小学校中学年以上】

点子ちゃんの本名はルイーゼ。生まれたときにとっても小さかったので点子ちゃんと呼ばれています。大金持ちの家の子、点子ちゃんと貧しい家の子アントンは、大の仲良し。生まれた家や環境なんて関係なく、ふたりは大親友です。このふたり […]

コメントなし
いつもありがとうございます

にほんブログ村 本ブログへ

広告

Posted by kagurat