魔法の本棚

2020年4月5日

広告

あなたは本が好きですか?

わたしは、本が大好きです。でも、ものすごく読書家というわけではありません。実はその逆。ここ15年近く、忙しさを言い訳にして、ずっと本を読んでいませんでした。

ところが、数年前、体調を崩して寝込んでから、一時期、本気で「本を読めなくなって」しまったことがあるんです。そのときのことは、説明するのは難しいんですけど、何度読んでも目が滑ってしまって、長い文章が読めなくなってしまったんです。

それは、さいわいにして一時的な症状で、すぐにまた読めるようになったのですが、わたしの人生観を変えるには充分な事件でした。わたしは、それまで「忙しい、忙しい」と言いながら、本を読むことを後回しにしてきたことを心底悔いました。

このまま、一生本が読めないままだったらどうしよう……

あの本もこの本も、まだ読んでいないのに……

本なんていつでも読めると思っていたけれど・・・

「いつでも」なんて、人生にはない。したいと思ったら、今やらなくちゃ!

そう思って、それから、読書の時間は無理をしてでも作ろうと思って読んでいます。このサイトでは、そんなわたしの読書報告をしていきます。

人生の中で「なんとしてでもやりたいこと」が読書だなんて変な奴だな、と感じる方もいらっしゃるかもしれません。正直、読書を「暇なときにすること」と思っていらっしゃる方もいますよね。でも、読書をずっと後回しにしてきたわたしにとって、もう読書はこれ以上後に回せないものなんです。

学者や研究者ではないので、わたしの読書は完全に趣味です。この、「趣味の読書」にここまで未練があって、「やり残した」感があるって、なかなかご理解いただけないと思うのですが、世の中、いろんな人がいると思うので、わたしみたいな人が一人くらいいてもいいですよね!(開き直り)

そのうえ、大層な本は読まないと思うので!(をい)そんなに意識高いブログにはならないとは思うんですが、でも、読んでくださる方々のお役に立ちたい気持ちは、あふれんばかりにあります!

ぶっちゃけ、他人の読書日記なんてつまらないって方もいらっしゃると思うんです。なので、できるかぎり、読んでくださる方々のために有益な情報を提供したいと思います。 そして、ご一緒に読書の楽しさを分かち合いましょう。

本を読むって、もっと気軽なこと

教養が身につかなくちゃ。とか、成績や仕事に役立てなくちゃ。とか、何か利益を生まなくちゃ。とか、そんなこととは関係なく、本を読むのは「楽しいこと」。ですよね?!

楽しいことなのに、ずっと「すべきこと」とか「しなきゃいけないこと」のために、後回しにしてきた読書。でも、いまは開き直って「あなたがそんなの読んでどうするの」って言われそうな本もバンバン読んでいますよ!

ただ「読みたいから」。

興味のままに手を伸ばして、難しくて理解できなくて放り出してしまった本もあるし、面白くて何度も読んだ本もあるし、子供の頃に読んですっっっかり忘れてしまって読み直した本もあります。

どの読書も楽しいのです。

このブログでは、そんな「お気楽」読書の記録をみなさまと共有したいと思います。

このサイトの使い方

このサイトは、書評をメインにしたサイトです。また、5人に1人存在する、「ひといちばい敏感な人」HSP、HSCのためのブックガイドでもあります。

このサイトで紹介される本のジャンル

  • 児童文学
  • 絵本
  • レシピ本
  • 幼児教育
  • HSP,HSC関係
  • 内向型の人向けの本

このサイトで紹介する本の特徴と目的

  • 基本的にハッピーエンド。バッドエンドやデッドエンドは紹介しない。
  • 流血シーンや暴力シーンが少ない。(ある場合は「繊細な方へ」の項目でコメントとして説明)
  • 文章が平易で読みやすい本。
  • 読者が幸せになることを祈っている、願いにあふれた本
  • 学習の助けになる本
  • 心が癒される、または救われる本
  • 日常がちょっと幸せに、豊かになる本

激しいネタバレはしないように心がけていますが、ストーリーに関る情報は何も知りたくない人のために、冒頭で「本のイメージ」を☆であらわしています。

その下のコラムでは、ストーリーのエッセンスをご紹介しています。本をお子様やお年寄り、入院中の方などにプレゼント、ないし差し入れされる方は参考になさってください。

【こちらゆかいな窓ふき会社】ロアルド・ダールのゆかいなショートストーリー。珍しくほのぼのだよ!【小学校低学年以上】

ぼくはビリー。近所のおんぼろな三階建ての建物がぼくは大好きだ。この建物は昔、お菓子屋さんだったんだって。ところが、この建物、ある日、ものすごく縦に長いドアがついたかと思うと、壁にあるのは「はしご不用窓ふき会社」の看板。い […]

コメントなし

【プリデイン物語】ブタ飼育補佐の成長物語。正統派ファンタジーシリーズの完結編【入手困難】【再版希望】【小学校中学年以上】

タランたちは、ついにアローンとの最後の戦いのときを迎えます。懐かしい人々との再会、悲しい別れ、激しい戦いを経て、タランは、多くのことを経験し、乗り越え、そして…… この本のイメージ 深い悲しみ☆☆☆☆☆ 困難を乗り越える […]

コメントなし

【魔法の庭ものがたり】仲良し三人組が力をあわせて。ハーブとアロマのハートフルストーリー【小学校低学年以上】

もうすぐ村のフェスティバル。ジャレットは仲良しのエイプリルとスーの三人で、何か出店を出そうと計画します。ところが、どんな店にするかで意見が食い違い、けんかしてしまいます。さあ、ジャレットたちはどうなるのでしょうか この本 […]

コメントなし

【魔女狩り人の復讐】ルイスとジョナサンのイギリスでの大冒険。マナーハウスの怪。【ルイスと不思議の時計 5】【小学校中学年以上】

ルイスとジョナサンは、イギリスの遠縁のマナーハウスに滞在していました。そこは、かつて魔女裁判が行われていた場所で、おそろしい秘密が隠されていたのです…… この本のイメージ ゴシックホラー☆☆☆☆☆ マナーハウス☆☆☆☆☆ […]

コメントなし

【ローワンと黄金の谷の謎】内気なローワンが村を襲う脅威と戦う。ローワンシリーズ第2巻【リンの谷のローワンシリーズ】【小学校中学年以上】

魔の山の冒険から戻ったローワンたちは、持ち帰ったヤマイチゴを大切に育て、リンの谷の新しい特産物にしようとしていました。そんなとき、魔女のシバが不吉な夢を見ます。谷に脅威が迫っているらしいのです。そして、「旅の人」たちが谷 […]

コメントなし

【ドリトル先生】ドリトル先生、ついに月から帰還。動物としゃべれるお医者さんの不思議ファンタジー【ドリトル先生月から帰る】【小学校中学年以上】

ドリトル先生が月に行って一年がたとうとしていました。パドルビーでは、ドリトル先生からの通信を今か今かと待っています。そしてついに月食の日、トミーは月に狼煙が上がっているのを見たのでした。 この本のイメージ  動物園の立て […]

コメントなし

【にんきもののひけつ】バレンタインにチョコをもらうには?男の子の知りたい秘密の物語【小学校低学年以上】

このあいだのバレンタインデー。おなじクラスのこまつくんは、おんなのこたちから チョコを27こもらっていた。ぼくは、たったのいっこ。このさは どうしてなんだろう。ぼくは ちょうさを かいしした…… この本のイメージ バレン […]

コメントなし

【ビッケと木馬の大戦車】戦わない小さなバイキングの冒険第5巻。ブルガリアでの冒険【小学校中学年以上】

ビッケたちフラーケ一族は友達のブルガリアがブルドゥース人たちに攻め込まれそうなのを知って、救援に行きました。ブルドゥース人たちは、おそろしい野蛮人で、ビッケたちは苦戦します。さて、今回のビッケの策は…… この本のイメージ […]

コメントなし

【魔法の文字】「魔法の声」の続編。文字と声に導かれて本の中の世界へと入り込むファンタジー。【小学校高学年以上】

カプリコーンの事件が解決したあと、メギーは彼らの世界……本に書かれた物語の世界に憧れを持つようになりました。「あの世界に行ってみたい」……そんな強い願いを抱いた頃、ホコリ指は本来の世界へと戻ろうとしていました。オルフェウ […]

コメントなし

【こねこのチョコレート】弟の誕生日、チョコレートをプレゼントしたい。そんなジェニーは……ほほえましくて、かわいい絵本【4歳 5歳 6歳】

ジェニーは4歳。弟のクリストファーはもうすぐ3歳。明日は、クリストファーの誕生日です。ジェニーはお母さんと誕生日のプレゼントを買いに行きました。ジェニーは、クリストファーのために子猫の形をしたチョコレートを選びますが…… […]

コメントなし
お気に入り登録をしてくださればうれしいです。また遊びに来てくださいね。
応援してくださると励みになります。

にほんブログ村 本ブログへ

広告

Posted by kagurat