【ダーク・マテリアルズ】異世界を旅する少女と少年の出会い。新たな冒険が始まるシリーズ第3巻【神秘の短剣】【中学生以上】

2024年1月26日

広告

神秘の短剣 上 ダーク・マテリアルズⅡ フィリップ・プルマン/作 大久保寛/訳 TAKUMI/カバー装画 新潮文庫

行方不明の探検家である父の帰りを待ち続けるウィルは、心を病んだ母親を支えながら暮らしていた。見知らぬ男たちに襲われ逃亡した彼と、謎のオーロラから移動してきたライラは運命の出会いを果たす。(神秘の短剣 上 ダーク・マテリアルズⅡ フィリップ・プルマン/作 大久保寛/訳 TAKUMI/カバー装画 新潮文庫)

この本のイメージ 本格ファンタジー☆☆☆☆☆ 多元宇宙☆☆☆☆☆ ダークマター☆☆☆☆☆

神秘の短剣 上 ダーク・マテリアルズⅡ フィリップ・プルマン/作 大久保寛/訳 TAKUMI/カバー装画 新潮文庫

<フィリップ・プルマン>
1946年、英国ノリッジ生れ。児童文学作家。父親が英国空軍の軍人のため、子供時代は様々な国で暮らす。オックスフォード大学を卒業後、ウエストミンスター大学で英文学を教えるかたわら、小説、戯曲、絵本、児童文学などを発表。代表作に「ダーク・マテリアルズ」三部作があり、「黄金の羅針盤」で1996年にカーネギー賞とガーディアン賞を受賞。また「琥珀の望遠鏡」では2002年にウィットブレッド賞児童文学賞を受賞し、児童文学として初めて最優秀賞も受賞するという快挙をなしとげた。

<大久保寛>
大久保 寛(おおくぼ ひろし、1954年~)は、日本の英米文学翻訳家。「おおくぼかん」の読みも用いている。

 

原題はHis Dark Materials: The Subtle Knife.イギリスでの初版は1997年。日本では2000年、文庫版は2021年が初版です。

 お話は、第1巻から完全に続いていますので、ご興味を持たれた方は「黄金の羅針盤 上 ダーク・マテリアルズⅠ」から順にお読みください。「黄金の羅針盤 上 ダーク・マテリアルズⅠ」のレビューはこちら

 多元宇宙を舞台にしたこのお話、前回はライラという異世界の少女が主人公でしたが、今回のお話「神秘の短剣」では、わたしたちの世界のイギリスの少年、ウィルの登場から始まります。

 ウィルは心を病んだ母を支えつつ、行方不明の探検家の父の帰りを待つという生活をしていました。

 しかし、あるとき、見知らぬ男たちに襲われはずみで殺してしまったことで逃亡生活に入ります。

 逃げていたウィルと異世界のオーロラから移動してきたライラは偶然出会い、それぞれの追手から力を合わせて逃げつつ第三の世界へと迷い込むのでした……

 ……と、いうのがあらすじ。

 今回、もうひとりの主人公、この世界の少年ウィルが登場します。
 ウィルは、心を病んだ母親を支えつつ、行方不明の父の帰りを待つヤングケアラー。
 過酷な生活に耐えて生きてきた彼には忍耐力と行動力があります。

 ウィルとライラはアスリエル卿がゲートを開いたことでつながった異世界で出会い、お互いを支えあうパートナーになりました。

 どうやら、ウィルには隠された大きな運命があるらしく……

 なじみのある世界からはじまったかと思った第二部ですが、第一部のラストでゲートが開いた影響で交錯した異世界が次々と登場します。

 この宇宙には多くの平行世界があり、それらが特殊な扉で移動できるようになっているのでした。その、どれかの世界からやってきた「スペクター」と言う存在が人間を脅かします。

 「スペクター」が魂を食らうことができるのは大人だけ。子どもはスペクターから守られます。いったいどうしてなのか……

 ライラの世界で「ダスト」こちらの世界では「ダークマター」と言われるものの謎、異世界の謎、スペクターの謎など、新たな謎がライラたちの前に立ちはだかります。

 孤児としてジョーダン学寮で育ったライラも、病んだ母を支えて生活してきたウィルも、どちらも複雑な親子関係を抱え、ふつうのあたたかな家庭を知りません。

 けれど、ふたりともたくましく前進する力があり、困難にひるまない強さがあります。大人たちはなんのためにゲートを開き、なんのために争っているのか……

 何一つわからないまま、ふたりは立ちはだかる障害を全力で乗り越えるのでした。

 はたして「神秘の短剣」とは、そして魔女たちのあいだでささやかれるライラについての「予言」とは?

 物語は後半に続きます。

 漢字が多く振り仮名が少ないので中学生から。おそらく海外ではライラの年齢的に児童文学として 出版されていると思うので、読みやすく振り仮名の多いバージョンがあればいいのにと思います。読むことができるのなら小学校高学年からでも。

 「十二国記」や「ハリー・ポッター」、「指輪物語」がお好きな方に。ダイアナ・ウィン・ジョーンズの多元宇宙ものがお好きな方に。

 ガツンとした本格ファンタジーを読みたい方におすすめです。お時間があるときに、ぜひどうぞ!

繊細な方へ(HSPのためのブックガイド)

 子供向けのお話ですが、残酷なシーンや流血シーンはあります。気をつけて書かれていますがショッキングなシーンもあり「そういうお話なのだな」とあらかじめ心の準備をしていれば大丈夫という子にはおすすめです。

 非常にハードで、ダークなファンタジーです。
 しかし、面白いです。多元宇宙もの、女の子が冒険するファンタジーなどがお好きな方にはおすすめです。

商品ページはこちら

お気に入り登録をしてくださればうれしいです。また遊びに来てくださいね。
応援してくださると励みになります。

にほんブログ村 本ブログへ

広告