【おすわりくまちゃん】ふわふわ、もふもふのくまちゃんたちのほのぼの絵本。【3歳 4歳 5歳】

2024年1月19日

広告

おすわりくまちゃん  シャーリー・パレントー/文 ディヴィッド・ウォーカー/絵 福本友美子/訳 岩崎書店

かわいい椅子が四つ。それぞれの椅子に小さなくまちゃんが座りました。けれど、大きな茶色いくまちゃんの椅子がありません。さてさて、くまちゃんたちはどうするかな?(おすわりくまちゃん シャーリー・パレントー/文 ディヴィッド・ウォーカー/絵 福本友美子/訳 岩崎書店)

この本のイメージ ぬいぐるみ☆☆☆☆☆ くまちゃん☆☆☆☆☆ ほのぼの☆☆☆☆☆

おすわりくまちゃん  シャーリー・パレントー/文 ディヴィッド・ウォーカー/絵 福本友美子/訳 岩崎書店

<シャーリー・パレントー>
アメリカの作家。絵本からヤングアダルト向けのSF、女性向けの小説まで多くの作品を手がける。カリフォルニア州在住。

<ディヴィッド・ウォーカー>
アメリカのイラストレーター。たくさんの子ども向けの絵本の絵を描く。ノースカロライナ州在住。

<福本友美子>
公共図書館勤務の後、児童書の研究、翻訳などをする。訳書多数

 かわいいぬいぐるみのくまちゃんたちのほのぼのライフを描いた「くまちゃんシリーズ」。記念すべき第一冊目がこの「おすわりくまちゃん」です。

 原題はBEARS ON CHAIRS.初版は2009年。日本語版の初版は2010年です。

 お話は……

 小さな可愛い椅子が四つ。そこに四匹のぬいぐるみのくまちゃんたちがやってきて、それぞれ座ります。
 お気に入りの椅子が見つかって、くまちゃんたちはご機嫌です。

 そこへ、大きな大きな茶色のくまちゃんがやってきます。
 ちゃいくまちゃんも椅子に座りたかったのです。
 でも、椅子は小さすぎてちゃいくまちゃんは座れません。

 そこで、小さなくまちゃんたちは、椅子をくっつけて……

 ……と、いうのがあらすじ。

 ひとりがひとつ、それぞれ欲しいものを得ようとすると誰かが得られないのですが、みんなでひとつのものを共有すれば全員がほしいものを得られ、幸せになるという、心あたたまるお話です。

 このシリーズは絵がとにかく愛らしくて、ふわふわでもこもこのぬいぐるみのくまちゃんの手触りが感じられるかのよう。

 パステルカラーのほのぼのとした絵を眺めているだけで幸せな気分になります。
 字はすべてひらがな。見開きに最大で五行あるかないかなので、五十音が読めればひとりで読みきることができます。もちろん、読み聞かせにも。

 ぬいぐるみ好きのお子さまに、クリスマスプレゼントに、ぬいぐるみ好きの方の大人の和み本としても。
 くまちゃんたちの表情に癒される、愛らしい絵本です。

繊細な方へ(HSPのためのブックガイド)

 ネガティブな要素はまったくありません。ぬいぐるみを愛する人なら、子どもから大人までおすすめの可愛らしい絵本です。性別を問わない内容なので、男の子でも女の子でも。
 分け合う喜び、与え合う幸せを感じることが出来ます。

商品ページはこちら←

お気に入り登録をしてくださればうれしいです。また遊びに来てくださいね。
応援してくださると励みになります。

にほんブログ村 本ブログへ

広告