本棚

ギルバートと結婚したアンは、三男三女とともに炉辺荘で暮らしています。医師であるギルバートを支え、子どもたちを育てる、小さな幸せを大切にする日々……アン34歳の、アンと小さな子どもたちの日常物語です。

この本のイメージ 日々 ...

本棚

ジェーンは、裕福ではあるけれど厳しく冷たい祖母の屋敷で、社交界での交流に忙しい母と暮らしていました。父に似た自分を祖母が疎んじていることに気づきながら。そんなとき、彼女のもとに、死んだと思っていた父から手紙が送られてきて、ジェーンはプ ...

本棚

ギルバートと結婚してブライス夫人となったアンは、海辺の町フォー・ウィンズにある、小さな夢の家に住むことになりました。それは、アンの理想の小さな家。古くて可愛らしくて、庭と森があって小川があって……アンの新生活が始まります。

本棚

アンは22歳になり、プリンス・エドワード島の港町、サマーサイドで校長先生の仕事をすることになりました。ふたりの未亡人が暮らす「風柳荘」(ウィンディウィローズ)に下宿することになったアン。これは、そんなアンの三年間の生活を、ギルバートへ ...

本棚

レドモンド大学に進学したアンは、仲良しの三人と「パティの家」で共同生活を始めます。篤い友情、ほのかな恋、将来への不安など、さまざまな想いを抱きながら、勉学に励むアン。そして、ついに生家を探しあて、実の両親について知るのでした……  ア ...

本棚

アヴォンリーに残り、マリラを支えながら教師になったアンは、16歳になっていました。カスパート家は、双子の男の子と女の子を引き取ることにきめ、新しい生活が始まります……

本棚

名作中の名作、赤毛のアンです。 様々な翻訳が出ているので、読み比べてみるのも面白いのですが、文章の美しさではなんと言っても村岡花子訳です。かしこい子なら小学校高学年から読めると思います。大人、とくに働く女性にはいまでもおすすめです。  ...