【シノダ!】人間とキツネのあいだに生まれた子どもたちの不思議な日常。新感覚のファンタジー【チビ竜と魔法の実】【小学校中学年以上】

広告

シノダ! チビ竜と魔法の実   富安陽子/作 大庭賢哉/絵 偕成社

パパの名前はハジメ。ママの名前はサキ。そして三人の子どもたちは、ユイ、タクミ、モエ。ごくふつうの家族に見えるけれど、実はママはキツネだったのです!人間のパパとキツネのママのあいだに生まれた子どもたち……信田一家に今日も災難がふりかかる!

この本のイメージ ホームドラマ☆☆☆☆☆ 不思議☆☆☆☆☆ 竜がかわいい☆☆☆☆☆

シノダ! チビ竜と魔法の実   富安陽子/作 大庭賢哉/絵 偕成社

<富安陽子>
富安 陽子(とみやす ようこ、1959年2月15日~)は、日本の児童文学作家。東京都生まれ。和光大学人文学部卒業。25歳でデビューし、1989年「クヌギ林のザワザワ荘」で日本児童文学者協会新人賞、小学館文学賞、1997年「小さなスズナ姫」シリーズで新美南吉児童文学賞、2000年「空へつづく神話」でサンケイ児童出版文化賞を受賞。「やまんば山のモッコたち」はIBBYオナーリスト2002文学作品に選出。2011年、「盆まねき」で第49回野間児童文芸賞、第59回産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受賞。2021年、「さくらの谷」で第52回講談社絵本賞を受賞。(wikipediaより)

シノダ! チビ竜と魔法の実   富安陽子/作 大庭賢哉/絵 偕成社

 

 人とキツネの間に生まれた信田三きょうだい、ユイ、タクミ、モエと、優しい人間のパパ、強くて素敵なママ、母方の奇妙な親戚たちと織り成す、不思議ホームドラマ、「シノダ!」シリーズの第一巻です。

 じつは初読です。世の中にはまだまだ面白い本がたくさんありますね。こういう出会いがあるから、読書はやめられない。

 さてさて、ストーリーは……

 ユイ、タクミ、モエの優しいパパは植物学者。大好きなママは実は人間に化けたキツネです。
 三人は、人間とキツネのハーフなのでした。

 五人の家には、母方の親戚(つまりキツネ)がしょっちゅう出入りし、大騒ぎ。
 ある日、信田家のお風呂場に、小さな雲竜が飛び込んできました。竜はお風呂場が気に入ったらしく、天井に巣を作り棲みついてしまいます。子どもたちは大喜び。でも、ママは、竜はもともとこんなところにいるべきじゃないと、心配します。

 そんなとき、占い師のホギおばさんがやってきて、「この家に災いがくる」と不吉な予言をし、入れ替わりにトラブルメイカーの夜叉丸おじさんも訪ねてきます。

 そして、その日から、信田家には、たしかに不吉な出来事が次々と起こってしまったのでした……

 と、いうのがあらすじ。

 母方の親戚のキツネたちは、一癖も二癖もある変わり者ばかり。
 ママが親戚の大反対を押し切って結婚しただけに、どうやら内心では快く思っていない親戚もいるようです。

 母方の親戚たちに引っ掻き回されながら、ユイたちは、小さな竜と交流したり、災難と戦ったりして、日常を守ります。

 ユイたちは、それぞれ、キツネ一族の特殊能力を持っており、ユイは音や気配などから風の言葉を聞きとる「風の耳」を、タクミは未来や過去のことを知る「時の目」を持っているようです。モエはどうやら、人間以外の生き物の言葉がわかるらしい。

 こんな不思議能力にめぐまれた彼らですが、信田家のもとめるものは、「ふつうの日常」。

 ぜんぜんまったくふつうではない家族でありながら、そして、輪をかけてふつうではない親戚たちに振り回されながら、信田家は全力でふつうの日常生活をがんばります。

 素材となったのは「信田妻」と言う、「葛の葉狐」の伝説。

 あるとき、森で怪我をしている白狐を助けた安倍保名が、自分も森で負傷したときに美しい女性に助けられます。保名はその女性と結婚し、「童子丸」と言う男の子をもうけますが、やがて、女性の正体が保名が助けた白狐だとばれてしまいます。
 女性は悲しんで森に帰ってゆきますが、童子丸は長じて、優秀な陰陽師になりました。

 彼が、かの安倍晴明と言われています。

 人と狐のあいだに生まれた人間には、不思議な能力が備わっているらしい。
 この後も、三人きょうだいは、数々の事件を解決してゆきそうです。

 どんな災難だってどんとこい!なママと、何が起きても動じないパパは、とっても頼もしい。そのふたりのあいだに生まれた三人ですから、何があっても乗り越えてゆけそうです。

 明るくて、楽しくて、うきうきする、古きよきホームドラマ。 挿絵もかわいらしく、ケケケと笑う、チビ竜がなんともいい表情です。

 文章は平易で、ほどよくひらがなが多く、難しい漢字には振り仮名がふってありますので、小学校中学年から。男の子にも女の子にも、大人にもおすすめです。

 冒頭に家系図とキャラ説明があるので、とてもわかりやすい。テンポがよく、面白いのであっと言う間に読めちゃいます。

 どんなことがあっても、楽しみながら、結束して災難を乗り越えてゆく信田一家のチームワークには、励まされます。さわやかで、楽しい、日常ファンタジーです。

繊細な方へ(HSPのためのブックガイド)

 ネガティブな要素はいっさいありません。迷惑な親戚たちはたくさん登場しますが、それぞれ、かわいげがあり、憎めません。楽しくゆかいな、ホームドラマファンタジーです。

 三きょうだいが、女の子ふたりと男の子ひとりなので、女の子も男の子も楽しく読めると思います。もちろん、大人の和みタイムにも。どなたにもおすすめできる、正統派のファンタジーです。

お気に入り登録をしてくださればうれしいです。また遊びに来てくださいね。
応援してくださると励みになります。

にほんブログ村 本ブログへ

広告