本棚

年の瀬もせまったある日、ブッチーが文字を習おうかなと言いだした。どうやらもとの飼い主金物屋が近所に出没しているらしい。ブッチーは金物屋を探しに旅に出るつもりだ。当然、ルドルフも……

この本のイメージ 動物ファンタジー☆☆☆ ...

本棚

ある燃えるような夕焼けの日、こそあどの森のふたごクッキーとキャンデーは湖の向こうに輝く「何か」を見つけます。「夕陽のかけら」となづけたそれを、ふたごは探しに行くことにしました。用心棒はもちろん、スキッパーです。

ぬまばあさんのう ...

本棚

1930年のロンドン。身寄りのない三人の赤ちゃんがある学者に引き取られます。成長した三姉妹は「フォシル」と名乗り、歴史に名を残そうと誓い合うのでした……世界中で愛される色あせない名作。

この本のイメージ 女の子の自己実現☆ ...

本棚

おれの名はテール。海の宅配便「ドルフィン・エクスプレス」の配達員だ。ある日、ひょんなことからスリの女の子ルキを助け、めんどうを見ることに。だけど、ルキのもっていた財布から、さらなる危険に巻き込まれ……あの「黒ねこサンゴロウ」の姉妹版が ...

本棚

ある日、目覚めるとトリスにはおぼろげな記憶しかなかった。「あと七日」。不思議な声が聞こえる。自分を敵視する妹、止まらない食欲、不自然な態度の両親……この家には秘密がある。

この本のイメージ ダーク・ファンタジー☆☆☆☆☆  ...

本棚

夜、寝る前にママが読んでくれる絵本は大好きだった。ページの下のくねくねした黒いものを気にしたことはなかったけれど。自分で本を読むときになってはじめて、くねくねしたものこそが大事なのだと気づいたのだ……

この本のイメージ 家 ...

本棚

バンダビーカー家は、イーサ、ジェシー、オリバー、ハイアシンス、レイニーの五人きょうだい。やさしいお父さんとお母さんの七人で、仲良く楽しく暮らしています。ところがある日、大家のビーダマンさんが、「アパートの賃貸契約を更新しない」と言い出 ...

本棚

スキッパーたちこそあどの森の仲間たちのところへ、博物学者のバーバさんから手紙が届きます。そこには「フー」と言う不思議な生き物について書かれていました。会えるはずのない人に出会ったら、それはフーだと言うのです……

だれかののぞむも ...

本棚

シリーズ本編第三巻に登場した不思議で勝気な女の子ケケ。ケケは大人になって小説を書きました。題名は「半分魔女━もうひとつのものがたり━」。これは、ケケが書いた小説なのです。

この本のイメージ スピンオフ☆☆☆☆☆ 劇中劇☆☆ ...

本棚

夜の公園で、猫たちの噂話を耳にした源太。どうやら、篠沢さんの娘さんに危機がせまっているようです。いったい何が起きているんだろう?ムジナさんの留守中に源太が調査に乗り出しますが……

この本のイメージ 猫☆☆☆☆☆ 仕返し☆☆ ...