【ぞくぞく村のミイラのラムさん】ハロウィンシーズンに! コワかわいいおばけたちの物語。【ぞくぞく村シリーズ】【小学校中学年以上】

広告

ぞくぞく村のミイラのラムさん 末吉暁子/作 垂石眞子/絵 あかね書房

ぞくぞく村に住んでいるのは、ちょっとかわったおばけばかり。寒がりの透明人間、入れ歯のドラキュラ、ほうきに乗れない魔女、おしゃれな幽霊のおじいさん、時々ぶたになってしまう狼男……今回はミイラ男のラムさんのお話。

この本のイメージ コワい☆☆☆☆☆ かわいい☆☆☆☆☆ ゆかいな☆☆☆☆☆

ぞくぞく村のミイラのラムさん 末吉暁子/作 垂石眞子/絵 あかね書房

<末吉暁子>
末吉 暁子(すえよし あきこ、1942年8月27日 – 2016年5月28日)は日本の児童文学作家。
神奈川県生まれ。「星に帰った少女」で日本児童文学者協会新人賞・日本児童文芸家協会新人賞、「ママの黄色い子象」で野間児童文芸賞、「雨ふり花さいた」で小学館児童出版文化賞、「赤い髪のミウ」で産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受賞。作品に「ぞくぞく村のおばけ」「ざわざわ森のがんこちゃん」「シルカ小学校のブキミともだち」の各シリーズ、「黒ばらさんの魔法の旅だち」などがある。

<垂石眞子>
垂石 眞子(たるいし まこ、1952年 – )は、日本のイラストレーター、児童文学作家。神奈川県茅ヶ崎市出身。多摩美術大学卒業。垂石真子、たるいしまこ名義でも活動している。

ぞくぞく村のミイラのラムさん 末吉暁子/作 垂石眞子/絵 あかね書房

 ハロウィンにぴっりの、かわいい本を探していたので、ご紹介します。
 末吉暁子先生の「ぞくぞく村シリーズ」。初版は1989年。

 ちょっととぼけた、ゆかいなおばけたちが住んでいる、不思議な村のお話です。
 おお、柏葉幸子先生の「モンスター・ホテル」シリーズにも通じるものがありますね。「モンスター・ホテル」は、1991年開始でほとんど同時期ですが、モンスター・ホテルはモンスターたちと人間のハートフルな交流、ぞくぞく村はゆかいなおばけたちの村のドタバタコメディとなっています。どちらもコワかわいくて面白い。

 小さな子どもの頃、世界は怖いものでいっぱいです。
 身体が小さいと近所の犬も怖いし、夕暮れ時にさわさわするススキも怖い。理科室の解剖模型も怖いし、近所のおじさんも怖い。夜中にトイレに行くのも怖いし、暗闇も怖い。

 そんな怖いものに対決して、ひとつひとつ乗り越えてゆくのが子ども時代です。
 でも、「怖いものと戦う」より「怖いものと仲良くなっちゃう」ほうがずっとカンタン。

 コメディタッチの「おばけもの」「モンスターもの」「オカルトもの」の児童書の効用は、小さな子どもたちが生活の中で怖いものに出会ったときの「心の予防接種」になるのです。

 この世に怖いものなんて本当はなくて、実はゆかいでかわいくて、仲良くなっちゃえば世界はずっと楽しくなる……

 オカルトファンタジーコメディの真髄はここにあると、わたしは思います。

 さて、今回のお話は、ミイラ男のラムさんのお話。

 ラムさんは、奥さんのマミさんと一緒に暮らしている、仲良し夫婦のミイラです。
 あるとき、マミさんがふとってしまい、包帯が足りなくなってしまいました。

 ラムさんは、奥さんのために新しい包帯を買いにゆきますが、お買い物の帰りに立ち寄ったカフェテリアに忘れてきてしまいます。あわてて取りにもどったラムさんでしたが、包帯はすでに誰かが持ち帰っていて……

 というのがあらすじ。

 ラムさんが包帯を探しまわるなかで、村のおばけたちを一人ひとり紹介してゆくお話です。みんな、いい味出してます。

 ラストもほのぼのハッピーエンド。

 読むとクスっとして、そしてラストはふふっと笑える、ゆかいなファンタジーです。

 とってもかわいい本なので、読み聞かせにもおすすめです。登場するとぼけたおばけたちには元ネタがあるので、ミイラや狼男、ドラキュラ、ゴブリンなど、読みながら解説してあげるのもいいかも。

 地味にすごいのが、巻末の新聞形式の「ぞくぞく村だより」。
 これが、がかなりマニアックで、今回はミイラのラムさんのお話にちなんで、「世界ミイラめぐり二週間の旅」と題して、日本は岩手県、藤原四代のミイラ、ペルーはインカ時代のミイラ、中国は楼蘭の幼女のミイラ、エジプトのミイラ、ロシアのマンモスのミイラなどが紹介されています。

市場には中古しかありません。
図書館でさがしてみましょう。

 いきなり、子ども相手に本気出してきたな!
 この部分が、でっちあげのフィクションではないのがすごい。

 ラムさんのおすすめブックは、P.ローバーの「ミイラ物語」です。

 お子さまがオカルト童話から、民俗学へと興味がわくようなら、こういう小ネタをインターネットで一緒に検索しながら楽しむもいいですね……。これはまいった。あなどれない。

 ハロウィンシーズンにおすすめの本です。あかね書房さまのほうでは「小学校中学年以上」とされていますが、わりと字が大きくて総ルビなので、かしこい子なら低学年から大丈夫です。絵本を卒業してすぐ、くらいの本です。

 読みながら、いろんな方向で楽しめるので、おすすめです。「モンスター・ホテル」が好きなお子さまならぜひ。そして、「ぞくぞく村」を先に読んだら、「モンスター・ホテル」もどうぞ。

繊細な方へ(HSPのためのブックガイド)

 おばけがたくさん登場しますが、まったく怖くありません。大丈夫です。見えないものが怖いHSCのお子さまにおすすめします。怖いものがかわいく感じられるようになりますよ。

 ハロウィンシーズンにおすすめのファンタジーです。

お気に入り登録をしてくださればうれしいです。また遊びに来てくださいね。
応援してくださると励みになります。

にほんブログ村 本ブログへ

広告