本棚

けちで冷酷で、金の亡者のスクルージは、クリスマス・イブの夜、相棒だったマーレイの幽霊と出会う。そして、彼の予言通りに、第一、第二、第三の幽霊とともに、知人の家を訪問するのでした……

この本のイメージ クリスマス☆☆☆☆☆  ...

本棚

「赤毛のアン」の翻訳で知られる村岡花子さんは、自分でも童話を創作、発表していました。この本は、当時の10冊の童話集から、あらたに編集、構成された小さな童話集です。

この本のイメージ 短編童話集☆☆☆☆☆ ファンタジー☆☆☆ ...

本棚

うりふたつの顔立ちをした、乞食のトムと、王子エドワード。ふたりは、ひょんなことから出会い、服を交換してみようと思い立ちます。それによって、このふたりの数奇な運命が動き出したのでした……

この本のイメージ 波乱万丈☆☆☆☆☆ ...

本棚

あるところに、年老いたロバがいました。もう重い荷物を運べなくなったので、飼い主はロバに餌を与えるのをやめようと思いました。このままでは死んでしまうので、ロバは逃げ出します。「そうだ、ブレーメンに行って音楽隊に入ろう」……

...

本棚

アンは22歳になり、プリンス・エドワード島の港町、サマーサイドで校長先生の仕事をすることになりました。ふたりの未亡人が暮らす「風柳荘」(ウィンディウィローズ)に下宿することになったアン。これは、そんなアンの三年間の生活を、ギルバートへ ...

本棚

レドモンド大学に進学したアンは、仲良しの三人と「パティの家」で共同生活を始めます。篤い友情、ほのかな恋、将来への不安など、さまざまな想いを抱きながら、勉学に励むアン。そして、ついに生家を探しあて、実の両親について知るのでした……  ア ...

本棚

アヴォンリーに残り、マリラを支えながら教師になったアンは、16歳になっていました。カスパート家は、双子の男の子と女の子を引き取ることにきめ、新しい生活が始まります……

本棚

名作中の名作、赤毛のアンです。 様々な翻訳が出ているので、読み比べてみるのも面白いのですが、文章の美しさではなんと言っても村岡花子訳です。かしこい子なら小学校高学年から読めると思います。大人、とくに働く女性にはいまでもおすすめです。  ...