【わかったさん】わかったさんと、うきうきクッキング!クッキングファンタジーのよりぬきレシピ絵本!外出しない日は親子でお菓子作りを!

2020年7月23日

広告

わかったさんとおかしをつくろう! わかったさんのこんがりおやつ 寺村輝夫/作  永井郁子/絵 あかね書房

わかったさんのシリーズは、楽しく不思議なクッキングファンタジー。カラフルでかわいい絵と、楽しいストーリーの二本立てですが、レシピメインのお菓子ノウハウ本も出ています。

この本のイメージ レシピ☆☆☆☆☆ かわいい絵☆☆☆☆☆ お話☆☆☆

わかったさんとおかしをつくろう! わかったさんのこんがりおやつ 寺村輝夫/作  永井郁子/絵 あかね書房

<寺村 輝夫>
1928年東京生まれ。早稲田大学卒業。『ぼくは王さま』で第15回毎日出版文化賞受賞。1984年「独特のナンセンステールズで、子どもの文学の世界を広げた」功績により第17回巌谷小波文芸賞を受賞。2006年没。

  外出できない日々が続いています。小さいお子様は、家でゲームか読書くらいしか楽しみがないかもしれません。でも、こんなときこそ、家でしか出来ない、親子でしかできない楽しいことをしてみたいですね。

 この本は、なつかしのクッキングファンタジー、「わかったさんシリーズ」のよりぬきレシピ本です。

わかったさんとおかしをつくろう! わかったさんのこんがりおやつ 寺村輝夫/作  永井郁子/絵 あかね書房

 わかったさんは、クリーニング屋さんの娘です。お店の手伝いで、あちこちに洗濯物を届ける途中で、いつも不思議な事件に巻き込まれます。

 でも、わかったさんの対応力はすごいんです。突拍子もないことに巻き込まれても、すぐ、「わかった、わかった」と対応してしまいます。

 そういえば、どこかにいましたね…?不思議な世界に次々、巻き込まれても、「だいたいわかった」とすぐ対応しちゃう人が。でも、わかったさんは、特に世界を破壊することもなく、楽しくお菓子を作るだけです。大丈夫、安心して読んでくださいね。(前説が意味不明すぎるよ)

  この本は焼き菓子の本なので、クッキー、ドーナツ、アップルパイのレシピが書かれています。
クッキーは、お話に出てきたロッククッキーだけでなく、ステンドグラスクッキーや、イタリア菓子のバーチティーダーマのレシピ、ドーナツもお話で出てきたレモンドーナツだけでなく、パイナップルドーナツやチュロスの作り方が書いてあります。
アップルパイも、ふつうのアップルパイ、まるごとアップルパイ、アップルクランブルの三種と盛りだくさん。

  絵はフルカラーで、手順もイラストでわかりやすく説明してあり、レシピとレシピのあいだには、絵本で語られていたファンタジーストーリーのハイライト部分が入っています。
最初は簡単なクッキーからはじまって、だんだん高度なレシピになり、最後はアップルパイという構成もとっても親切。

 ドーナツは油を使うので、ちょっと危ないですが、それ以外は、オーブンに入れる前後を大人がやれば大丈夫です。

 小さすぎるお子様だと、手を粉だらけにしたり、ボウルをひっくり返したりして、大惨事になってしまうかもしれませんが、ある程度の年齢になると楽しい作業だと思います。大人も、何かを「こねる」行為って、ストレス解消になるそうですよ。

 現実問題として、生活費を節約しようとすると、「どれだけ自炊で工夫できるか」がキモになってきます。また、なんらか不測の事態がおきたときも、ちょっとした調理ができますとサバイバル的にも有利です。

 これからは、男の子も女の子も料理が出来たほうが生き抜ける時代。小さなうちからお料理をする習慣をつけていると、あとあとの人生がとても楽になります。お料理に親しむ第一歩として、とってもおすすめの本ですよ!

 「わかったさんとおかしをつくろう」は、こんがりおやつ、ひんやりスイーツ、ふんわりケーキの三種類。ぜひ、試してみてね。

繊細な方へ(HSPのためのブックガイド)

 ネガティブな要素など、あろうはずがありません。楽しくて、お菓子が作りたくなるかわいい本です。小さい子へのプレゼントに。

いつもありがとうございます

にほんブログ村 本ブログへ

広告