【わかったさん】なつかしのクッキングファンタジー。かわいい絵とお話で、お菓子つくりを覚えよう。【小学校低学年】

2020年7月22日

広告

わかったさんのクッキー  寺村 輝夫/作  永井 郁子/絵 あかね書房

なつかしい、ママ世代から愛されているクッキング童話。わかったさんが巻きこまれるファンタジーを読んでいるうちに、お菓子作りを覚えてしまう、不思議可愛い絵本です。

わかったさんのクッキー  寺村 輝夫/作  永井 郁子/絵 あかね書房

<寺村 輝夫>
1928年東京生まれ。早稲田大学卒業。『ぼくは王さま』で第15回毎日出版文化賞受賞。1984年「独特のナンセンステールズで、子どもの文学の世界を広げた」功績により第17回巌谷小波文芸賞を受賞。2006年没。

クリーニング屋の娘、わかったさんがおうちの仕事を手伝いながら、不思議な事件に巻き込まれるうちに、お菓子の作り方をマスターするファンタジーシリーズ第一巻。
「わかったさんのドーナツ」「わかったさんのホットケーキ」など、いろんなお菓子のお話があります。

わかったさんのクッキー  寺村 輝夫/作  永井 郁子/絵 あかね書房

わかったさんは、何を言われても理解が早く、すぐに気さくに「わかった、わかった」と答えるので「わかったさん」と呼ばれています。

わかったさんは、おうちのクリーニング屋さんのバンを運転してお手伝いしているので、もう成人している大人なのでしょう。彼女は、仕事で洗濯物を受け取ったり配達したりしながら、いつも不思議な事件に巻き込まれます。

このお話の特徴は、まるて白昼夢のようなファンタジー。
カラフルで楽しいけど、とりとめがなく、唐突なタイプのファンタジーです。「不思議の国のアリス」や、「オズの魔法使い」系の童話で、「どうしてそうなるの」みたいなところは説明しないでぐいぐい行きます。

でも、わかったさんの性格がものすごくサッパリしてるし、なにしろ「わかったさん」と言うくらいなので、突拍子もないことが起きても即座に「わかった、わかった」と対応してしまうので、このとりとめもないファンタジーが、うまくまとまっているのです。

この唐突さや、とりとめもなさって、幼児時代に見る夢とすごく似ています。小さい子どもにはすんなりと受け入れられそう。

レシピ童話は、レシピの部分と童話の部分のさじ加減が難しいと思うのですが、わかったさんのシリーズは、童話の部分がかなり本格的な不条理ファンタジーなので、パワフルでダイナミックな魅力があるんです。

そして巻末には、丁寧な「お菓子の作り方」が図解式で掲載されている、至れり尽くせりの絵本です。

まずは読み聞かせで読んであげると、次は作ってみたくなるかも。読みながら、お料理の細かい説明をしてあげるのもいいですね。
お話を楽しむことができ、お菓子作りも楽しめる、一石二鳥の絵本です。

※全集もあります。

紹介されているお菓子は、成型の必要もない、超簡単な「ロッククッキー」。
必要なのは材料を正確に測ることだけ。これも、小さなお子様には、化学実験みたいで楽しい作業となりそうです。

レシピ童話って、レシピ本と童話のいいとこどりみたいな童話で、素敵ですよね。新旧取り混ぜて今後もご紹介していきますね。

繊細な方へ(HSPのためのブックガイド)

 疲れたときにはすごくいい気がします。かわいい童話に癒されるし、美味しいお菓子を作ればおなかも満足します。小さな女の子へのプレゼントにもおすすめです。

いつもありがとうございます

にほんブログ村 本ブログへ

広告