【理花のおかしな実験室6】お料理と科学で問題解決! ドキドキのパティシエ・バディストーリー第6巻【波乱だらけのハロウィン・パーティ!】【小学校中学年以上】

2024年1月18日

広告

理花のおかしな実験室 6 波乱だらけのハロウィン・パーティ!   やまもとふみ/作 nanao/絵 角川つばさ文庫

わたし理花。理科が大好きな小学五年生。クラスのみんなでハロウィン・パーティーをすることになったんだけど、みぃちゃんだけが参加できないみたいで……(理花のおかしな実験室 6 波乱だらけのハロウィン・パーティ! やまもとふみ/作 nanao/絵 角川つばさ文庫)

この本のイメージ アレルギー☆☆☆☆☆ わからないことを調べる☆☆☆☆☆ 他人を尊重する☆☆☆☆☆

理花のおかしな実験室 6 波乱だらけのハロウィン・パーティ!   やまもとふみ/作 nanao/絵 角川つばさ文庫

<やまもとふみ>
福岡県出身で千葉県在住。やぎ座のA型。2019年に第8回角川つばさ文庫小説賞金賞を受賞。趣味は街の散策と野球の観戦。好きなスイーツはホットケーキ。作るより食べるほうが好き。

<nanao>
イラストレーター。6人組エンタメユニット「すとろべりーぷりんす」の公式イラストを中心に活動中。

理科のお料理のときめきフュージョン! サイエンスクッキングストーリー、「理花のおかしな実験室 6 波乱だらけのハロウィン・パーティ!」第6巻の初版は2022年6月です。

 お話は第1巻から完全に続いているため、まずは第1巻「理花のおかしな実験室 1 お菓子づくりはナゾだらけ!?」からお読みください。

 第1巻のレビューはこちら

 今回のお話は……

 理花のクラス全員でハロウィン・パーティーをする企画が持ち上がります。
 みんなで仮装して手作りお菓子を交換するのです。

 ただ、みぃちゃんだけは都合が悪くて参加できないそう。
 残念に思ったクラスメイトたちが残ったお菓子をみいちゃんの家に届けると、家にいないはずのみぃちゃんがいて、しかも、届けたクッキーが大事件を引き起こしてしまいます。

 この事件で大混乱に陥ってしまうクラスメイトたちの人間関係。
 はたして理花はこの大問題を解決できるのでしょうか?

 ……と、いうのがあらすじ。

 今回の事件のテーマは「アレルギー」。
 以前も少しだけ事件になったみぃちゃんの牛乳アレルギーが発端です。

 しかし、問題はそこから彼女たちの自尊心の問題に発展してしまいます。

 自尊心はかなり高度な感情で、小学生くらいだと自尊心が育っている子と育っていない子、よくわかっていない子が混在していそう。
 自尊心は恥じらいなどの感情にも通じるところがあるので女子のほうが年齢的に先に成熟しそうではありますが、自分の自尊心を感じることができても他人のどこに自尊心があるのかを慮るのにはさらに高度で複雑な感情が必要なので、これは本当に難しい……。

 なんでも「みんな一緒」がいいと信じて疑わないさやかちゃん、みんなと一緒のことができないことに劣等感を感じているけれど自尊心も傷つけられたくないみぃちゃん、先生に朝礼で叱られて「自分たちのせい」だと感じると自尊心が傷ついてしまうクラスメイトたち……
 複雑に絡み合った問題を理花ちゃんが「調べる」「相談する」「確かめる」「行動する」と一歩ずつ着実に進むことで解決します。

 今回は、図書館のレファレンスの利用も紹介されています。インターネット検索だけだと適切な検索ワードを選ばないと望んでいる情報までたどり着けないし、情報を絞り込むことも難しい。
 そんなときは、図書館司書さんのレファレンスを利用して必要な情報までのルートを導いてもらうのです。

 もちろん、それだけに頼ることなく、理花ちゃんは自分で調べ、確かめます。

  複雑なトラブルが発生したとき「なんとなくの感覚」で「こうかもしれない」「きっとこうだろう」だけで行動してしまうと、解決できないばかりかこじれてしまうことも。
 そんなとき、理花ちゃんはたとえ時間がかかっても、面倒くさくて遠回りでも、他人に聞き、自分で調べ、確かめて、少しずつ前進してゆきました。この科学者的なアプローチは見習いたい。

 そして、もうひとつ。理花ちゃんには考えなければならないことが。
 そらくんとのお菓子作り実験と、学んでみたい制度のある素敵な学校。憧れの学校に進学するとそらくんとは離れ離れになってしまうかも?

 これは、大人女性の永遠のテーマでもある「キャリアと家庭の両立問題」にも似ていて、理花ちゃんが今後どういう未来を選択するのか、見守ってゆきたいと思います。

 文章は理花ちゃんの一人称。会話口調で書かれているので読みやすく、すべての漢字には振り仮名が振ってあります。小学校中学年から。

 身近なトラブルに科学的アプローチで立ち向かう、キッチンサイエンスストーリー。少女小説らしいときめき要素も入っています。

 おいしいものが好き、謎解きが好き、乙女な学園ラブコメが好きな方、ときめきのクッキングサイエンスストーリーをぜひどうぞ!

 ※この本には電子書籍もあります。

繊細な方へ(HSPのためのブックガイド)

 ネガティブな要素はひとつもありません。ラブコメ要素あり、知育要素あり、熱い友情もあり。
 今回は複雑な人間関係の問題を、理花ちゃんが根気よく解きほぐします。

 読後は豆腐ドーナツでティータイムを。

商品ページはこちら

お気に入り登録をしてくださればうれしいです。また遊びに来てくださいね。
応援してくださると励みになります。

にほんブログ村 本ブログへ

広告