本棚

「オズの魔法使い」で知られるフランク・ボームは、オズシリーズ以外にも楽しい作品を数多く書いています。これは、ボームの短編が八篇収録された、明るくゆかいなファンタジー短編集です。

この本のイメージ ファンタジー☆☆☆☆☆ ユ ...

本棚

渉は小学六年生。ゴールデンウィークにおじいさんの弟、敬二郎大おじさんのところに預けられることになった。敬一郎おじさんの「斉藤書店」の隣には「双葉館」と言う閉鎖された図書館がある。渉は、図書館が取り壊しになる前にそこで一晩過ごしてみたく ...

本棚

おばあさんの大切なコーヒーひきが、大泥棒ホッツェンプロッツに盗まれてしまいました。さあたいへん。カスパールとゼッペルのふたりと、大泥棒ホッツェンプロッツの対決が始まりました。

この本のイメージ 腕白少年☆☆☆☆☆ 大冒険☆ ...

本棚

気がつくとジェイソンはバスの中にいた。すべての記憶を失って。彼とガールフレンドのパイパーと親友のリオの三人は、怪物に襲われ、ハーフ訓練所にたどりつく。訓練所ではパーシーが行方不明になっていて、アナベスが必死の捜索を続けていた。パーシー ...

リビング, 本棚

ターシャ・テューダーは、アメリカの絵本作家、人形作家、そしてガーデナーです。2008年に92歳でこの世を去るまで、バーモント州の広大な庭と18世紀風の屋敷で、古風な暮らしをしていました。彼女の作品と庭、ライフスタイルは、いまなお、多く ...

本棚

テナーは、「名もなき者たち」に捧げられ、アチュアンの大巫女アルハとなった。それまでの人生も家族も名前も失った幼い少女は、古い墓地を守る神殿で、大巫女として生きることになったのだが……

この本のイメージ 細密な世界観☆☆☆☆ ...

本棚

あるところに、おかあさんねずみと四匹の子ねずみがいました。子ねずみのうち、三匹はおとなしくて静かな子でしたが、四匹目は「やかましやのヤカちゃん」と呼ばれていました。どうしてかって? それは……

この本のイメージ 自己肯定感 ...

本棚

わたしは、花丸円(はなまるまどか)。ママが死んじゃって勉強なんてどうでもよくなっていたとき、4人の不思議な男の子があらわれたんだ。それは、四教科の教科書が「神様のはからい」で変化した男の子たち。彼らが家庭教師となって……

...

本棚

「闇の心」(インクハート)の世界に入り込んでしまったメギーとモルティマは、ついに物語の中に組み込まれてしまう。恐ろしい支配者スネークヘッドのために、魔法の本を作ったモルティマだが、それが彼を危機へと誘うのだった。物語を書くこと、読むこ ...

本棚

ブラウンさんは、夏休みに海外旅行に行こうと言い出しました。はじめての旅行にパディントンは大張り切り。でも、事態をよくわかっていないパディントンは、ここでも騒動を連発し……。それでも最後はなんとかなってしまう、とぼけたクマとのはちやめち ...