【氷の上のプリンセス・ジュニア編4】ついに全日本選手権へ! フィギュアスケート愛あふれる少女小説ジュニア編。【小学校中学年以上】

広告

氷の上のプリンセス・ジュニア編4  風野潮/作 Nardak/絵  講談社青い鳥文庫

原因不明のストレス性発熱でグランプリファイナルを棄権してしまったかすみ。不安なままむかえた全日本選手権では、思わぬハプニングが。かすみは乗り越えられるのか? (氷の上のプリンセス・ジュニア編4  風野潮/作 Nardak/絵  講談社青い鳥文庫)

この本のイメージ フィギュアスケート☆☆☆☆☆ 少女小説☆☆☆☆☆ 成長☆☆☆☆☆

氷の上のプリンセス・ジュニア編4  風野潮/作 Nardak/絵  講談社青い鳥文庫

<風野潮>
大阪府生まれ。大学時代は吹奏楽部に所属。第38回講談社児童文学新人賞を受賞した「ビートキッズ」で1998年にデビュー。同作で、第36回野間児童文芸新人賞・第9回椋鳩十児童文学賞受賞。その他の作品に「クリスタル エッジ」シリーズ、「竜巻少女」シリーズ、「レントゲン」(いずれも講談社)などがある。

<Nardak>
韓国在住のイラストレーター。おもな挿絵に、「失恋探偵ももせ」(電撃文庫)、「睦笠神社と神さまじゃない人たち」(宝島社)などがある

<この季節おなじみのスケートトーク。不要な方はスクロールしてね>

 先週末はフィギュアスケート四大陸選手権でした!

 まずは、千葉百音選手、優勝おめでとうございます!
 すばらしいショートプログラム。そして、すばらしいフリー。所作が美しく、優雅な演技を魅せてくれる選手です。ぐんと身長が伸びたのでいろいろときつかったかもしれませんが、そろそろ体系変化の影響も終わりそうでしょうか。
 フリーのラストジャンプのあとの花が咲くような笑顔が印象的でした。
 世界選手権も期待しています!

 渡辺倫果選手、銅メダルおめでとうございます。トリプルアクセルが成功したときには「やった!」と声が出ちゃいました。一瞬ダブルアクセルかと思うくらいの軽やかさ。
 来期は四回転の習得を目指すそうです。
 成熟した身体と高難度のジャンプ。シニア女子シングルの新しい未来を拓いてくれそうです。期待しています!

 三原舞衣選手、お疲れさまでした。どうやら足は疲労骨折だったらしいです。できる精一杯の演技をありがとうございます。人生の困難をすべて滑る喜びに昇華して演技として魅せてくれる三原選手。どんなにつらいときも満面の笑顔で見ている人たちを幸せにしてくれます。今回も精一杯画面の前で応援させていただきました。
 まずは身体を休めて、怪我を治して、そして素敵な演技をまた見せてくださいね。やはり表現力はトップクラス。まだまだ見ていたい選手です。

 そして男子シングル。
 鍵山優真選手、優勝おめでとうございます。もはや非の打ちどころもないショートプログラム。そして、フリーではなんと四回転フリップに挑戦して降りました!
 新しい武器を手に入れた鍵山選手。これは世界選手権が楽しみです!

 佐藤駿選手、銀メダルおめでとうございます。四回転ルッツをショートでもフリーでも決めてくれました。表現力が試合ごとに増していて、背中の線や手の伸ばし方などが本当に美しい。来季が楽しみな選手です。

 山本草太選手、四位と少し悔しい結果となりました。でも、本当にかっこいいショートプログラム!これは代表作になりそう。フリーは少しミスもありましたがしみじみとした情緒が感じられるすばらしい演技でした。来季の活躍を期待しています。

 ペアの「りくりゅう」こと三浦璃来・木原龍一組。銀メダルおめでとうございます。
 今期は木原選手の怪我のため、ながらく試合に出ることができませんでした。おそらく、満足のゆく練習量でもなかったかと思いますが、今の精一杯を魅せてくれました。
 高い高いトリプルツイスト。躍動感あふれるふたりの演技にはいつも「初恋」のような初々しさがあります。見ているだけで幸せ気分になるペアです。おかえりなさい。

 アイスダンス、「チームココ」こと小松原夫妻組。世界選手権代表決定おめでとうございます。ずっと日本のアイスダンスを支え続けてくれてきたふたり。世界選手権では会心の演技を見せてくださいね! 応援しています。

 海外選手のことを少し。
 チャ・ジュンファン選手、銅メダルおめでとうございます。わたしの中ではついつい羽生選手のそばにいるちっちゃな男の子のイメージがあるジュンファン選手ですが(いつの記憶だよ)、すごく身長が伸びていたんですね。四回転サルコウが美しい! 表現力はもとからある選手なので、今後の活躍が楽しみです。

 ボーヤン・ジン選手。長く怪我に悩まされた選手ですが、元気なボーヤン選手が戻ってきました! ふわっと高い四回転ルッツ! ボーヤン選手はこうでなくちゃ。数々の苦労をしたぶん表現力が増してきていて心にしみる演技を魅せてくれるようになりました。これからも応援しています!

 <ここからが本題。本日の本紹介>

 さて、本日ご紹介するのは「氷の上のプリンセス・ジュニア編4」。ノービス編の第1巻からコツコツ読み続けてついにジュニア編に突入しました。初版は2019年10月。たいへん人気のシリーズで、ノービス編から始まり、ジュニア編と続き、つい先日シニア編が完結したもようです。

 このシリーズは、第1巻から完全にお話が続いていますので、レビューを読んで興味を持たれた方は、まずは「氷の上のプリンセス」ノービス編第1巻「ジゼルがくれた魔法の力」からお読みください。

 ノービス編第1巻のレビューはこちら

 今回のお話は……

 グランプリファイナルを原因不明の発熱で棄権したかすみは、なかなか体力を回復できないでいました。

 しかし、全日本選手権は目前に迫っています。焦るかすみは無理をして倒れてしまいます。知らず知らずのうちに心にストレスを溜め込んでいたかすみ。

 これからもためにも、心を解きほぐしていかなければ……

 そして、やってきた全日本選手権。ショートプログラムで思わぬアクシデントに見舞われたかすみでしたが……

 ……と、いうのがあらすじ。

 前回のお話でグランプリファイナルを原因不明の発熱で棄権してしまったかすみちゃんでしたが、今回、彼女のストレスとなっていた「原因」が少しずつ解明されてゆきます。
 大好きな人たちのため、ついついなんでもかんでも背負い込んでしまいがちなかすみちゃん。

 目指すところが高いとき、そんなふうに気負ってしまうこともあるかもしれません。かすみちゃんは肩の力を入れたり抜いたりがうまくできるようになるといいですね。

 思わぬアクシデントでピンチに陥ることもありますが、ともに競い合う仲間たちの友情にも支えられ、辛くも乗り越えます。
 フィギュアスケートって競争相手を打ち負かすのではなく、己を磨いて競い合うスポーツなので、こんなところも魅力の一つ。

 たいへんなことの連続でしたが、かすみちゃんは大きな山を一つ乗り越えたことになりました。

 文章はとても読みやすく、すべての漢字に振り仮名が振ってあります。小学校中学年から。魅力的なキャラクターも多く群像劇の側面もある少女小説なので、きっとお気に入りのキャラが見つかるでしょう。

 非常に綿密な取材をもとにして書かれているので、全日本選手権の選手たちのせめぎあいも臨場感があり、手に汗握る展開を楽しめます。

 フィギュア大好きなお子さまに。今のシーズンにぴったりのシリーズです。「氷の上のプリンセス・ジュニア編4」はスポーツものや何かを目指す女の子のお話が好きなお子さまにおすすめの少女小説です。

 ※この本には電子書籍もあります。

繊細な方へ(HSPのためのブックガイド)

 ネガティブな要素はありません。いまどきの学生生活をおくりながら自分のやりたいことに全力を注ぐ少女たちのスケートライフが描かれています。何かに一生懸命になる素晴らしさが感じられる熱い少女小説です。

商品ページはこちら

お気に入り登録をしてくださればうれしいです。また遊びに来てくださいね。
応援してくださると励みになります。

にほんブログ村 本ブログへ

広告