本棚

ある燃えるような夕焼けの日、こそあどの森のふたごクッキーとキャンデーは湖の向こうに輝く「何か」を見つけます。「夕陽のかけら」となづけたそれを、ふたごは探しに行くことにしました。用心棒はもちろん、スキッパーです。

ぬまばあさんのう ...

本棚

スキッパーたちこそあどの森の仲間たちのところへ、博物学者のバーバさんから手紙が届きます。そこには「フー」と言う不思議な生き物について書かれていました。会えるはずのない人に出会ったら、それはフーだと言うのです……

だれかののぞむも ...

本棚

不思議な大木に縛られた少女、ハシバミを助けたスキッパー。大木はどうやら、はるか昔から来たらしい。リュウへの生贄にされそうになった少女を、光る尾の狐が助けようとスキッパーを呼んだのだ。太古から来た少女とこそあどの森の住人たちの奇跡の出会 ...

本棚

バーバさんがスキッパーに手紙で教えてくれた、ふしぎな草、カタカズラ。コーヒーのような実が生るけれど、その実には不思議な力があるようです。いつもは無口なギーコさんと辛口のスミレさんが、突然、歌って踊りはじめて……

この本のイ ...

本棚

野原で不思議な女の子「ウサギ」に出会ったスキッパー。ウサギの友達たちと一緒にかくれんぼをして遊びます。ところが、途中で彼らを見失ってしまい、スキッパーは探し回るのですが、そこで彼は不思議な桜の木を見つけるのでした…… 

こ ...

本棚

ある日、ポットさんが行方不明になりました。愛妻のトマトさんは心配して夜も眠れず、森のみんなの大捜索が始まりました。そんなとき、スキッパーは森でジバシリフクロウを拾い、自分の家「ウニマル」に連れて帰りますが……

この本のイメ ...

本棚

スキッパー少年のところに、出張中のバーバさんから小包が届きました。いつもはこそあどの森の「ウニマル」と呼ばれている家でスキッパーと暮らしているバーバさんは博物学者。いまは南の島で研究しているのです。小包の中には不思議な木の実がどっさり ...