本棚

おばけくんはこどものおばけです。あそびあいてがいなくて いつもひとりぼっち。 でも、きょうだけはとくべつ!ハロウィンのひだけは、おばけにかそうした こどもたちといっしょに あそぶことができるから。 ところが、おばけくんのしょうたいが  ...

本棚

ナナは怖がりでおばけが大嫌い。学校で怪談が流行っているせいで、薄暗い森を抜けて「リフォーム支店」に行くのが怖くてたまりません。そんなとき、「リフォーム支店」に意外なお客様が……

この本のイメージ ソーイング☆☆☆☆☆ 魔法 ...

本棚

たいていの小学校には魔女か魔法使いがいるらしい。これは、魔女に聞いた話だからほんとうだ。ぼくがふつうの小学五年生だと言うなら、あのひとは、ふつうの、定年退職した魔女だった…… 魔女が語る短編集。

この本のイメージ ファンタ ...

本棚

もうすぐハロウィン。みのりは、仮装を考えてわくわく。いとこのあっくんはピーターパンです。みんなで近所を回りましょう。ハロウィンの楽しい夜とあったかなエピソードの絵本です。

この本のイメージ  こどもたちのハロウィン☆☆☆☆ ...

本棚

ルルーは、旅の楽師の家族とともに人形遣いとして旅をしていました。でも、ルルーには秘密がありました。彼女の操るぬいぐるみは、自分で動く魔法のぬいぐるみ。そして、ルルーは魔女だったのです……

この本のイメージ ファンタジー☆☆ ...

本棚

せっかくの夏休みなのに、ママは入院中。パパはお仕事、おじいちゃんとおばあちゃんは海外旅行中。そんなレミのもとに、なんでもできるスーパー家政婦さんがやってきた。それは、魔法が使える、不思議なナニーさん……

まじょのナニーさん まほ ...

本棚

ぞくぞく村に住んでいるのは、ちょっとかわったおばけばかり。寒がりの透明人間、入れ歯のドラキュラ、ほうきに乗れない魔女、おしゃれな幽霊のおじいさん、時々ぶたになってしまう狼男……今回はミイラ男のラムさんのお話。

この本のイメ ...

本棚

ハロウィーンという秋のお祭りがやってくる。アメリカの子どもたちは「お菓子をくれないといたずらするぞ!」と言ってお菓子もらう。これはアメリカ式の発音だと「チェリッカ・チェリー!」と言う。どうしてこんな風習が生まれたかと言うと…… ...

本棚

まどから吹き込む夜の風にひやりと目が覚めたら、ぼくの影が出て行くところだった。今日はかげのパーティ「かげパ」があるらしい。青い月の夜、特別なパーティ、ぼくは一緒に窓から飛び出した……

この本のイメージ どきどき☆☆☆☆☆  ...

本棚

風早の街、駅前商店街のはずれに、夕暮れ時になると不思議なコンビニ「たそがれ堂」があらわれる。その人の探し物がからなず見つかる、神様のたわむれのようなお店が、今日も迷える人の前に現れる……

この本のイメージ ファンタジー☆☆ ...