本棚

あひるのジマイマは、いつも自分の卵をとりあげられてニワトリに孵されるのを不満に思っていました。だから、ある日、卵を自分で孵そうと決心したのです。いい卵の隠し場所はないかしら、とさがすジマイマの前に、うすちゃいろのひげの紳士が現れます。 ...

本棚

マクレガーさんの畑に侵入して、たいへん怖い想いをしたピーターですが、いとこのベンジャミンに誘われて、また畑に行くことになりました…

本棚

ルーシーは、もうハンカチを三枚もなくしてしまっていました。なくしたハンカチを探してあちこち歩き回っていると、きれいな泉のそばに、ちいさな戸があって、中に入ると、かわいい不思議なおばさんが洗濯物にアイロンをかけていました。 ティギーおば ...

本棚

ビクトリア朝時代に描かれ、いまなお愛される名作絵本です。 挿絵が、実際のうさぎの魅力をとらえつつ、表情豊かでかわいらしく、作者が動物や自然に対して深い知識と愛があったことがうかがえます。  ピーターラビットのおはなし ビアトリクス・ポ ...

本棚

ピーターラビットの絵本シリーズの一冊ですが、ピーターは出てきません。今日は、ピーターラビットのご紹介をする前に、クリスマス企画としてこの絵本「グロースターの仕たて屋」をご紹介。
これは、作者のビアトリクス・ポターが一番愛した話 ...