【ザ・ランド・オブ・ストーリーズ】もうすぐ映画化!おとぎ話の世界で双子のきょうだいが大活躍のファンタジー。【小学校中学年以上】

2020年11月15日

広告

ザ・ランド・オブ・ストーリーズ 2 帰ってきた悪の魔女 クリス・コルファー/著  田内 志文/訳 平凡社

映画化が決定されているアメリカのファンタジー小説。おとぎ話の世界に双子のきょうだいが迷い込んで大活躍します。おなじみのおとぎ話のキャラクター総出演です。

この本のイメージ 冒険☆☆☆☆☆ おとぎ話盛りだくさん☆☆☆☆ やや男の子向き☆☆☆☆

ザ・ランド・オブ・ストーリーズ 2 帰ってきた悪の魔女 クリス・コルファー/著  田内 志文/訳 平凡社

<クリス・コルファー> 1990年生まれ。アメリカ合衆国出身。俳優、歌手、脚本家、作家。第68回ゴールデン・グローブ賞最優秀助演男優賞を受賞。 

 おとぎ話の国に双子のきょうだい、兄コナーと妹アレックスが迷い込むアメリカ発ファンタジー第二弾です。古い本が好きな私が新しい本にチャレンジしてるので、ちょっとドキドキのレビューです。

※一巻のレビューはこちら

ザ・ランド・オブ・ストーリーズ 2 帰ってきた悪の魔女 クリス・コルファー/著  田内 志文/訳 平凡社

 再び、ランドオブストーリーズの世界が危機に瀕し、母親シャーロットがさらわれるに至って、ふたりのきょうだいは、世界の境界を越えて助けに行きます。

 山小屋から水が入ってきて、世界を越えるあたりは、ナルニア国の「海びらき丸」を思い出させられました。

 今回の悪役は魔女エズミア。過去に現実世界からランドオブストーリーズに子供の頃移住した天涯孤独の女性です。彼女も様々な事情があって、本来はいい人だったのに悪女になったという設定でした。

 一巻二巻と読んで、作者の強いポリシーというか、メッセージが伝わってきます。それは、「人は起きてしまった問題は努力すれば解決できるが、他人の心を救うことは出来ない」と言うもの。自分を救うのは、あくまで自分。さすが自己責任の国アメリカという感じです。

 実際にそうできるかどうかは別として、日本でも少年漫画ではそういう構成が望まれますし、著者は男性なので、男の子向けの冒険ストーリーとしては正しい姿勢だと思います。

 女性キャラは、今回も盛りだくさん。シンデレラや眠り姫だけでなく、「オズの魔法使い」のドロシーや、「不思議の国のアリス」のアリスなど、おとぎ話のヒロインやプリンセスが続々と登場します。美少女がたくさん出てくるタイプの少年漫画やゲームだと思うと、なんとなくしっくりくるかもしれません。

 ただ、キャラクターの過去話や、どうしてそうなったかの流れがものすごく謎が多いです。今後、あきらかになるのか、そこは楽しみなところ。(完結しているらしいのですが、まだ全部読んでいません)

 赤ずきんちゃんがとにかくキュートで魅力的。ギャグパートもシリアスパートも全部攫って行ってしまう八面六臂の大活躍ぶりです。かわいくってたくましくって素敵。パートナーのフロッギーもいい奴なんです。

 今回は、お話も盛りだくさんで、ちょっと駆け足気味ですが、ラスト近くで急展開があります。これからまた、新たな展開を迎えそうな予感です。

 おとぎ話の登場人物が、顔見世も含めるとかなり出てきますので、お子様が読み進めるたびに、原作のおとぎ話を教えてあげたり、「次はこれ読もうね」と勧めたり出来るので、横展開が楽しいお話です。

 おとぎ話と現実世界の往復はわりと古典的なファンタジーなので、昨日お勧めした「魔法の声」にも通じるところがあり、読み比べてみるのも楽しいかもしませんね。

 残念ながら今回も、イケメン成分少なめ……。
 でも、百花繚乱の美少女を楽しむのもいいものです。

繊細な方へ(HSPのためのブックガイド)

 細かいことは脇に置いてシンプルに楽しむタイプの話です。スカッと感が優先されているので、情緒的なシーンに関しては物足りないところもあるかもしれません。少年漫画的な展開でシンプルに楽しみたい気持ちのときはいいかもしれません。似たような展開で、デリケートな話が読みたいときは、「魔法の声」や「はてしない物語」「ナルニア国物語」などがあります。

お気に入り登録をしてくださればうれしいです。また遊びに来てくださいね。
応援してくださると励みになります。

にほんブログ村 本ブログへ

広告