【霧のむこうのふしぎな町】迷い込んだ不思議な町でひと夏の冒険を。【小学校中学年以上】

2020年10月19日

広告

霧のむこうのふしぎな町 柏葉幸子/作 講談社 青い鳥文庫

リナは夏休みに一人旅に出ました。目指すは「霧の谷」。お父さんにすすめられて指定の駅に着いたのはいいものの、どこにあるかもわかりません。すると、持っていたピエロの柄の傘が、突然、風にあおられて……

この本のイメージ 不思議☆☆☆☆☆ わくわく☆☆☆☆☆ どこかなつかしい☆☆☆☆☆

霧のむこうのふしぎな町 柏葉幸子/作 講談社 青い鳥文庫

 初読です。
 児童文学界ではかなり有名な本だったようです。
 無知で申し訳ありませんでした。(土下座)

 夏にぴったりの物語で、この季節に読んでほんとうによかった。
 ご存知な方にはいまさらな名作だと思うのですが、本日はレビューさせていただきます。

霧のむこうのふしぎな町 柏葉幸子/作 講談社 青い鳥文庫

 あらすじは、
 夏休みにリナはお父さんのすすめで、東北のとある場所に行くことになります。
 場所は「霧の谷」。

 だれも場所を知らなくて、途方にくれていたリナですが、持ってきたピエロの柄のついた傘が風に飛ばされて、追いかけていくと、突然見知らぬ町にたどり着きます。

 そして、そここそが、リナの目的地「霧の谷」だったのです。

 これは、リナの、霧の谷でのひと夏の生活のお話です。

 リナがたどり着いたのは「ピコット屋敷」。ピコットさんという、毒舌のおばあさんが取り仕切る下宿屋さんです。そこに下宿する条件は、「町で働くこと」。

 彼女は、この奇妙な町の、お店一軒一軒に働きに出て、摩訶不思議な体験をしてゆくのでした。

 読み進んでゆくうちに、ここは「魔法使いの子孫」たちの町だとわかってきます。小さな町には、ピコット屋敷以外には「めちゃくちゃ通り」に五軒しか店がありません。

 けれど、遠くの国からゾウに乗って王妃様がやってきたりするのだから、おそらく、この町の存在する時空にはほかの村も町もあるのでしょう。

 この町の奇妙な人たちと交流しながら、リナが成長していく、正統派のファンタジーです。

 出てくる人たちは、全員、欠点はあるけどいい人ばかり。
 わたしは、ツンデレのオウム、バカメがお気に入りです。この物語のかわいさ大賞って感じです。遠くの国の王子さまも、少しバカメに似ています。
 よく考えたら、ピコットばあさんも、そんなタイプです。

 無愛想で、口が悪くて、一見意地悪そうに見える人たちが、リナと交流してどんどんやさしさを表に出すようになります。そして、リナ自身も、お店での体験を通じて成長してゆきます。

 ぜんぶのお店で働いたら、夏休みの終わり。
 リナは、お土産を持って、家路につきます。

 ピコットばあさんが、お土産袋の奥にひそませた、最高のお土産を握り締めて。

 癖のある人たちは出てきますが、悪人は出てきません。突拍子もない人たちばかりですが、よくよく考えると、これはユートピア。
 どんなに食べても太らないお菓子を売ってるお菓子屋さん(でも虫歯にはなる)、めずらしい本がわんさか置いてある本屋さん、最高においしい料理を作ってくれるコックさん、不思議な食器ばかりを置いてるせとものやさん、四季の花をいっぺんに咲かせてくれる発明家……

 子どもの頃に「あったらいいな」と思ったものばかり。

 そして、こんな、めちゃくちゃな人たちばかりが出てくる物語なのに、主人公のリナが負けてないのです。ごくふつうの女の子なのに、気おされず、影薄くならず、だんだん魅力があふれ出してくる。

 それは、リナの「順応する力」のせいかもしれません。
 どんな突拍子もない人がでてきても、リナは最初はびっくりするけど、だんだん受け入れて打ち解けてしまうんですよね。だから、相手も心を開く。

 最初はとくに特徴もない、ごくふつうの女の子に見えたリナの受容力や打たれ強さが、途中からどんどん周囲の人たちを惹き付けてゆく様子が、読んでいて気持ちがいいのです。

 難しい漢字は使われておらず、平易な文章なので、小学校中学年以上ならどなたでも読めますが、大人にもおすすめ。

 読み終わったとき、思わず「はあーっ」と幸せなため息が出てくる、どこかなつかしいファンタジーです。

繊細な方へ(HSPのためのブックガイド)

 HSPにHSCにもおすすめの本です。ネガティブな要素はありません。安心してお読みいただけます。夏休みにぴったりの本です。読み聞かせにもおすすめですが、冒頭の東北弁のシーンが苦労するかもしれません。
 食べ物のシーンはおいしそうです。
 ただし、たくあんにマヨネーズをかけたい、とお子さまが言い出すかもしれませんから、お覚悟を。

いつもありがとうございます

にほんブログ村 本ブログへ

広告