【ムーンヒルズ魔法宝石店】魔法の宝石店でアルバイト?きっとハンドメイドしたくなる、うきうきファンタジー【小学校中学年以上】

2020年8月31日

広告

魔女パールと幸運の8つの宝石 ムーンヒルズ魔法宝石店1 あんびるやすこ/作 講談社

小さな子どもに見えるパールですが、立派な一人前の魔女。パールが仕事を探して「魔女求人新聞」を読むと、そこには「ムーンヒルズ魔法宝石店」の文字が。それはいったい、どんな宝石屋さんなのでしょう?

この本のイメージ かわいい☆☆☆☆☆ ハンドメイド☆☆☆☆☆ おしゃれ☆☆☆☆☆

魔女パールと幸運の8つの宝石 ムーンヒルズ魔法宝石店1 あんびるやすこ/作 講談社

 昔、何かの漫画で、「宝石の声が聞こえる魔女」の話を読んだことがあります。ずいぶん昔なので忘れてしまったのですが、このお話は、宝石の声が聞こえる魔女が主人公のおはなしです。

魔女パールと幸運の8つの宝石 ムーンヒルズ魔法宝石店1 あんびるやすこ/作 講談社

 主人公は魔女、パール。パールは見た目は小さな女の子に見えますが、もう一人前の魔女。働く先を探して「魔女求人新聞」を読みます。そこには、「マッチング魔法」がかけられていて、その人にぴったりな仕事を選んでくれるのです。

 パールが見つけたのは「ムーンヒルズ魔法宝石店」の文字。
 この奇妙な宝石店に、パールはたずねてゆきます。

 そこのあるじは、セレニティスという意地悪な魔女で、悪い魔女だったために肖像画に閉じ込められていました。そして、パンダにすがたを変えられてしまったアンバーという召使猫と一緒に暮らしていたのです。

 どういうわけかパールはそこで働くことになります。でも、アンバーは意地悪で人使いが荒いのです。
 なんだか、とんでもないことになって困惑するパール。
 そこへ、大切なブレスレットが壊れてしまったという女性がやってきました。パールは彼女を助けてあげることにしました。

 さて、壊れたブレスレットは治るのでしょうか。そして、肖像画に閉じ込められたセレニティスはどうなるのでしょうか?

 と言うのが、今回のあらすじ。

 あんびる作品には共通する独特の魅力があります。おしゃれなデザイン、ほのぼのとしたかわいらしい絵、悪者の出てこないストーリー、そして主人公の成長、と言う、誰も傷つけない心なごむ物語です。

 わたしは「ルルとララ」であんびる作品の魅力に触れ、「魔法の庭ものがたり」「なんでも魔女商会」と、人気シリーズをコツコツ読んでご紹介してきました。この「ムーンヒルズ魔法宝石店」は、四つ目のシリーズとなります。

 ですが、この物語は他のシリーズとは少し違います。なんと、「悪い人」が出てくるのです!
 とはいえ、やはり、あんびる作品なので残虐な人ではありません。いじわるで自分勝手、わがままでよくばりな魔女セレニティスは、500年の刑として肖像画に閉じ込められてしまいます。

 その呪いを解く方法が、「人の役に立つこと」。
 人の役に立つと、肖像画についた「お役立ちメーター」の針が動き、呪いの解除につながるという仕組みです。

 おそらく、パールがセレニティスの店で人を助けるたびにこのメーターが動き、だんだんと呪いが解けてゆくのでしょう。

 登場人物たちの名前は、パール、アンバー、ルリと、宝石の名前です。でも魔女は「セレニティス」セレニティとは「静かな」とか「静けさ」と言う意味です。そして、「セレーネ」は月の女神の名前。これは本名なのかどうかはわかりませんが、あまり意地悪そうな名前ではありませんよね。(だから、「ムーンヒルズ」なのか……)

 ですから、きっと、本来はいい人だったとか何か事情があきらかになるのではないでしょうか。
 また、「こんな情けない姿に」と嘆いているアンバーですが、挿絵では愛らしいパンダです。でも、猫にとってどうしてパンダが情けない姿なのでしょう。それも気になるところ。

 セレニティスは薄紫の髪をふわっと結い上げた綺麗な魔女ですが、何百年も肖像画の中にいるので呪いが解けたらおばあさんになってしまうのかもしれません。呪いが解けたらアンバーはどうなるのでしょう。ふつうの動物なら寿命で死んでしまいます。魔法猫だから死なないのかなあ。ほんとうに呪いを解いていいのかしら。

 それでも、なんだかんだと言って人の役に立ったら、なんとなくうれしそうな彼ら。なんかあれです、ドロンジョ様みたい。妙に愛嬌があるのです。

 このシリーズのテーマは「ハンドクラフト」なので、ビーズを使ったアクセサリーの作り方がフルカラーで掲載されています。
 アクセサリーに関する豆知識もあり、小さな女の子がうきうきする要素がいっぱい。

 そして、いつもながらキャラクターのコスチュームがかわいらしく、パールのワンピースは、きっと女の子は着たがるはず。

 「ムーンヒルズ魔法宝石店」シリーズは現在4巻まで刊行されています。
 これからコツコツ読んでゆくつもりです。楽しみですね。

繊細な方へ(HSPのためのブックガイド)

 ネガティブな要素はほぼありません。かわいらしいファンタジーです。ビーズクラフトなど、ハンドクラフトがお好きなお子様にはおすすめです。
 パールのお洋服がとてもかわいらしく、女の子なら着たがるかもしれません。
 休日の午後に、お楽しみくださいね。読み終わったら、親子でビーズクラフトも楽しいかもしれません。

お気に入り登録をしてくださればうれしいです。また遊びに来てくださいね。
応援してくださると励みになります。

にほんブログ村 本ブログへ

広告