【バレンタイン企画】小学校低学年の女の子に絶大な人気!かわいいお話とレシピのキュートなクッキングファンタジー。

2020年8月30日

広告

ルルとララのチョコレート  あんびる やすこ/作・絵 岩崎書店

かえでの森にかこまれたメープル通りにある小さなおかしやさん。店長さんは、まだ小学生のルルとララです。このかわいい絵本は、ルルとララが「チョコレート・ディ」に向けて森のおきゃくさんたちのためにがんばるファンタジーです。

この本のイメージ かわいい☆☆☆☆☆ 役立つ☆☆☆☆ 楽しい☆☆☆☆

ルルとララのチョコレート  あんびる やすこ/作・絵 岩崎書店

<あんびるやすこ> 群馬県生まれ。東海大学文学部日本文学科卒業。テレビアニメーションの美術設定を担当。作品に「だっこちゃんどこ?」「まじょのまほうやさん」「こじまのもり」シリーズなど。 

ルルとララのチョコレート  あんびる やすこ/作・絵 岩崎書店

 今、小学生低学年女子に絶大な人気のクッキング絵本シリーズだそうです。あんまり絵が可愛いので、思わず手に取りました。

 バレンタイン特集として、チョコレートの本をご紹介します。
コンロやオーブンを使わず、電子レンジを上手に使って、オリジナルのチョコレートを作る作り方が図解で説明してあります。

 それと同時に、森の動物たちの恋模様が描かれ、うさぎのミリーの恋をルルとララが後押しします。

 挿絵がふんだんに入っていて、どの絵もとってもかわいい!それに、コスチュームもいまどきのデザインでおしゃれだし、動物たちもどの子も愛らしいです。

 最近の女の子のバレンタインは、男の子にチョコレートをプレゼントするより、「友チョコ」と言って女の子のお友達に手づくりチョコをプレゼントするほうが主流みたいなので、この絵本を読みながらお友達同士で一緒にチョコレートをつくるのも楽しそうです。

 溶かしたチョコレートを型に入れて固める方法だけでなく、ライスパフを入れてかさましする方法も書かれており、なんとも経済的。

 これなら簡単にたくさん作れそうですね。

 「わかったさん」の不条理さも大好きなんですけど、ルルとララは正統派で、安定の可愛らしさ。それに、この絵柄は、今風だと思います。お菓子の作り方についても、わかりやすく丁寧にページをさいており、お話を楽しみながら、お菓子作りの手順を自然に学べるようになっています。

 また、物語の中に悪い人(動物も含めて)が出てこず、いい人ばかりでお話がすすむのも魅力的。ほのぼのとした絵とあいまって、心癒される本になっています。

 読み聞かせのあとに母子でお菓子作りを楽しめる、一石二鳥の絵本ですよ。

繊細な方へ(HSPのためのブックガイド)

 ネガティブな要素はいっさいありません。小さなお子様にはおすすめのクッキング絵本です。ルルとララのお洋服は、作ってあげたらきっと喜ばれるかわいさです。

<

あんびるやすこ先生の「魔法の庭ものがたり」のレビューはこちら

いつもありがとうございます

にほんブログ村 本ブログへ

広告