【ルルとララ】親子でクリスマススイーツを作ろう!小さな女の子に大人気のかわいいクッキングファンタジー【小学校低学年以上】

2022年5月15日

広告

ルルとララのクリスマス あんびるやすこ/作・絵 岩崎書店

メープルストリートのいちばん奥のお菓子屋さんの店長は、小学生のルルとララ。お店にはじめてツリーを飾ったふたりは、シュガーおばさんからクリスマスのお菓子をおしえてもらうことになりました。小学校低学年の女子に絶大な人気のかわいいクッキングファンタジー!

この本のイメージ おいしそう☆☆☆☆☆ かわいい☆☆☆☆☆ 動物ファンタジー☆☆☆☆☆

ルルとララのクリスマス あんびるやすこ/作・絵 岩崎書店

<あんびるやすこ> 群馬県生まれ。東海大学文学部日本文学科卒業。テレビアニメーションの美術設定を担当。作品に「だっこちゃんどこ?」「まじょのまほうやさん」「こじまのもり」シリーズなど。 

 日本では、ハロウィンが終わればクリスマスシーズン。100円ショップに行けば、もうクリスマスグッズが所狭しと並んでいます。緑と赤の組み合わせは、かわいいし元気が出るし、冬のくすんだ風景をぱっと明るくしてくれます。

ルルとララのクリスマス あんびるやすこ/作・絵 岩崎書店

 四季がある日本ですが、ちょうどいい気温の季節の、春と秋は案外短いのです。春の後のじめじめした梅雨時や暑い暑い夏、そして、冬が案外長い。本州では12月から3月くらいまでの4ヵ月、北海道などの寒い地方では5カ月くらいは冬と言っていいくらいです。

 その寒い季節を、日本人はいろいろと工夫してすごします。
 日本人は昔からイベントが大好きなのです。近所の神社のお祭りや、お花見、お月見、花火大会などなど、季節の節目に喜びを見出してきました。

 現代日本の冬のイベントと言えば、なんと言ってもクリススマス。そして、忘年会、新年会、節分、バレンタインと続きます。年末年始、仕事も忙しくなる時期ですが、こうしたイベントで気持ちにメリハリをつけて、寒い季節を乗り切ります。

 つまり、口実なんです。だから、「こういうクリスマスじゃないといけない」「こういうお正月じゃないといけない」ってわけでもないので、和洋折衷でけっこういいかげん。でも、わたしはそれでいいと思うのです。

 もちろん、ちゃんとした方々にはとんでもないことのように思えてしまうんだと思いますが、そうでもしないと、生真面目で引っ込み思案な日本人は、がんばりすぎて生活を楽しむことを忘れてしまいがち。
 この季節、家にポインセチアが一鉢あるだけで、小さなクリスマスツリーひとつがあるだけで、ちょっぴり部屋の中が明るくなるじゃありませんか。

 ご家族暮らしの方も、おひとり人暮らしの方も、本格的なものにしなくてもいいから、季節のイベントは楽しんでみましょうよ。お友達どうし、お店に集まれなければリモートパーティーでもいいし、忙しくてそんな暇がないときは小さなクリスマス飾りを飾ってみるだけでも。
 何かを祝う心は、疲れた心を持ち上げてくれることがあります。

ルルとララのクリスマス あんびるやすこ/作・絵 岩崎書店

 さて、本日ご紹介するのは、小さな女の子たちに絶大な人気、あんびるやすこ先生の「ルルとララのクリスマス」。
 かわいい小学生店長ルルとララ、そして森の動物たちのほのぼのファンタジーストーリーと、お菓子のレシピが合体したクッキングファンタジーです。

 おしゃれでかわいいデザイン、主人公の成長、ハートフルなストーリー、悪者のいない世界観があんびる作品の魅力。とくにこの「ルルとララ」シリーズは、わかりやすい図解入りでたくさんのお菓子のレシピが説明されており、しかも小学生でも簡単に作れるものばかりなので、お話を楽しんだ後はお菓子作りを楽しむことができるのです。

 クリスマスのお菓子シュトーレンはクリスマスよりずっと前に作って、クリスマスをたのしみにしながらクリスマス前に少しずつ食べるお菓子です。
 今回は、シュトーレン風のカップケーキの作り方や、クリスマスツリーに飾るジンジャークッキーなど、クリスマス当日のスイーツだけでなく、クリスマスを楽しく待つ期間のお菓子のレシピも紹介されています。

 森のねずみさんファミリーとの心の交流など、いつものほのぼのストーリー部分もばっちりありますし、ルルとララのコスチュームは安定のかわいさ。また、表紙のデザインがかわいくておしゃれなので、子ども部屋のインテリアとしても飾れます。
 あんびる作品はいつもカバー絵がおしゃれなんですけれど、とくに「ルルとララ」の表紙は、まるでアイドルデュオのポスターみたいにキュートなんですよ!

 字は大きめで、丸みのあるフォントがあたたかみがあり、すべての漢字にはふりがながふってあります。
 親子でクリスマスの計画をあれこれとおしゃべりしながら読み聞かせをしても楽しいでしょうし、お子さまが1人で読んでも挿絵が愛らしくレシピが詳しいので、きっとうきうきしてくれるはず。

 クリスマスへ向けてのわくわくシーズンに、親子で読んでみてくださいね。そして、だんだん寒くなってゆくこの季節を楽しく乗り切りましょう!

繊細な方へ(HSPのためのブックガイド)

 ネガティブな要素はありません。楽しいクッキングファンタジーです。
 この季節、小さな女の子へのプレゼントに最適!
 掲載されているお菓子のレシピは簡単にできるものばかりなので、読み終わったらひとつずつ、試してみるのも楽しそう。
 難しいことが苦手な子や忙しいおうちの方のために、超簡単なクリスマスドリンクのレシピもあるのが、うれしい配慮です。

 お読みになる時は、お部屋にクリスマスソングを流して、気分をもりあげてみてくださいね。

お気に入り登録をしてくださればうれしいです。また遊びに来てくださいね。
応援してくださると励みになります。

にほんブログ村 本ブログへ

広告