【グロースターの仕たて屋】クリスマスプレゼントに最適の絵本!かわいい動物たちの恩返し。【ピーターラビットの絵本】【4歳 5歳 6歳】

2020年12月3日

広告

グロースターの仕たて屋  ビアトリクス・ポター/作・絵  いしい ももこ/訳 ピーターラビットの絵本  15 福音館書店

ピーターラビットの絵本シリーズの一冊ですが、ピーターは出てきません。今日は、ピーターラビットのご紹介をする前に、クリスマス企画としてこの絵本「グロースターの仕たて屋」をご紹介。
これは、作者のビアトリクス・ポターが一番愛した話だそうです。

この本のイメージ かわいい☆☆☆☆☆ 幸せ☆☆☆☆☆ 

グロースターの仕たて屋  ビアトリクス・ポター/作・絵  いしい ももこ/訳 ピーターラビットの絵本  15 福音館書店

<ビアトリクス・ポター> イギリスの絵本作家。ヴィクトリア時代の上位中産階級に生まれ、遊び相手も少ない孤独な環境で育ち、学校に通うことは無かった。幼いころから絵を描くことを好み、多くのスケッチを残している。代表作は「ピーターラビット」シリーズ。

この話は「仕立て屋が縫いかけの上着を仕事場に置いて家に帰ったところ、朝にはそれが出来上がっていた」という実話をもとに創られたそうです。

じっさいは、弟子の仕業だったわけですが、この絵本ではとってもかわいい仕立て屋さんたちが仕上げたことになっています。

でも、その大昔の仕立て屋の弟子!お手柄です。師匠の仕立て屋を救っただけでなく、こんな名作絵本を間接的に誕生させましたよ。ありがとう、仕立て屋の弟子!

物語の中で誰がどんなふうに服を仕上げたのかは、読んでみてのお楽しみ。

文章は、ひらがなを主体にして書かれているので、小学校低学年でも読め、また絵本のサイズも小さくてかわいいので、ポーチなどに入れて持ち歩いていつでも読めます。かしこい子なら、幼稚園児童でも読めると思います。もちろん、大人でも読めます。

カラーの挿絵がふんだんに入っていて、お話は心温まる話で、ミルクたっぷりのジンジャーティーなど片手に読むと、大人も子供も幸せ気分にひたれます。あ、ビスケットも忘れずに。

ストーリーは伝統的な「○○の恩返し」系の話なのですが、ビクトリア時代のテイストと、クリスマスのホーリーな雰囲気が入り混じって、よりファンタジックな世界観になっています。

仕立て屋さんと一緒に暮らしているいたずらものの猫が、これがまたすごくかわいくて、寝込んでいる仕立て屋さんのためにお茶をいれてる絵が最高なんですよ!
いいなあ、わたしも猫にお茶をいれてもらいたい。

まあ、この猫のせいで仕立て屋さんはひどい目に遭うのですが、こんなにかわいい姿を見ると、思わず許してしまいますね。

それにしても、ビアトリクス・ポターさんの細密な挿絵が、どれもこれも美しい。ピーターラビット初期の絵からぐんと上達していて、どの挿絵も額に入れて飾れるくらいのクオリティなんです。そのうえ、動物たちも、すばらしく可愛らしく表情豊かでイキイキしてて。

ピーター・ラビットシリーズが時を越えて今なお愛され続けているのは当然と思えます。

ピーターラビットの絵本セット

考えてみれば、この時代、ねずみなどの小動物は伝染病を運ぶことで危険視されていたはずです。その時代に、こんなにかわいい物語を作るなんて、画期的なことだったんだろうと思います。

だいいち、この本、最初は自費出版だったと言うのだから驚き。
もし自分の友達がこんなすごい同人誌作ってたら、迷わずスポンサーになるし、搬入も売り子もバリバリ手伝っちゃいますわ!(違う)

クリスマスプレゼントにぴったりの一冊。どなたにプレゼントしても喜ばれること、まちがいなしです!

繊細な方へ (HSPのためのブックガイド)

ネガティブな要素はひとつもありません。ひたすらかわいくて、そしてハッピーエンドです。おすすめ!

ピーターラビットのおはなしのレビューはこちら

かわいい動物好きの方にはこんな記事もあります。

お気に入り登録をしてくださればうれしいです。また遊びに来てくださいね。
応援してくださると励みになります。

にほんブログ村 本ブログへ

広告