うさぎだって、やるときはやる?いたずらうさぎのその後のおはなし。読み聞かせにもおすすめの絵本です。【幼稚園から】

2020年6月27日

広告

ベンジャミンバニーのおはなし ビアトリクス・ポター/作 いしいももこ/訳 福音館書店

マクレガーさんの畑に侵入して、たいへん怖い想いをしたピーターですが、いとこのベンジャミンに誘われて、また畑に行くことになりました…

この本のイメージ うさぎかわいい☆☆☆☆☆ うさぎ強い☆☆☆☆☆ ねこもかわいい☆☆☆

ベンジャミンバニーのおはなし ビアトリクス・ポター/作 いしいももこ/訳 福音館書店

ベンジャミンバニーのおはなし ビアトリクス・ポター/作 いしいももこ/訳 福音館書店

 「ピーターラビットのおはなし」の直接の続編となります。
マクレガーさんの畑でたいへん怖い想いをしたピーターは、ひとりでハンカチにくるまって座り込んでいました。

 そこへ、いとこのベンジャミンがやってきて、力づけます。彼は一緒にマクレガーさんにとられたピーターの服を取り返そうといいます。

 そんなわけでふたりでまた、マクレガーさんの畑に行って思わぬ大冒険になるのです。

 やんちゃうさぎのベンジャミンがピーターを誘って畑に行きますが、人間はいないけど、なんと猫がいたのです。思わぬ事態にびっくりするふたり(というか二匹)。ピーターたちは籠の中に飛び込みますが、その上に猫が乗ってしまいます。

 もうすぐ、マクレガーさんが戻ってきてしまう……

 あわやというところで、ベンジャミンのお父さん、ベンジャミン・バニー氏が悠々と助けに来てくれて、一件落着。と言うお話です。

ピーターラビットシリーズ
ベンジャミンバニーのおはなし ビアトリクス・ポター/作 いしいももこ/訳 福音館書店
ピーターラビットの絵本セット1

 いとこのベンジャミンもかなり恐れを知らないのですが、猫をものともしないベンジャミン・バニー氏がかっこいいです。現実にはこんなうさぎはいませんが、作者のビアトリス・ポターは「こんなうさぎがいたらいいな」と思って描いたのでしょう。

 ハンカチからたまねぎを取り落としているピーターなど、何気ない仕草がかわいらしく描かれています。「ピーターラビットのおはなし」でも、様々な商品に使われて有名な「にんじんを食べているピーター」の絵がありますが、この「ベンジャミンバニーのおはなし」でも、動物と幼児の特徴を上手に混ぜ合わせて、絶妙のかわいさで表現しています。

 絵が細密で美しく字は大きくて読みやすく、ひらがなが多いので、幼稚園からお読みいただけます。本が小さいので、幼いお子様にも読みやすく、小さなカバンにいれて持ち歩くのにも最適。
もちろん、親子で読み聞かせにも。

「ピーターラビットのおはなし」が気に入ったお子様には、後日談としておすすめです。

 絵も装丁もかわいらしいので、大人の方へのギフトにもできます。
「ピーターラビットのおはなし」と2冊あわせて、また、
ピーターのおかあさんが「うさぎたばこ」と言って、ラベンダーの束を売っている設定なので、ラベンダーのお茶やサシェとあわせてプレゼントにするのもいいかもしれません。

繊細な方へ(HSPのためのブックガイド)

 ネガティブな要素はありません。安心してお読みいただけます。また、「ピーターラビットのおはなし」でのもやもやは、このお話ですっきり解決しています。プレゼントなら、2冊あわせてどうぞ。
ラベンダーのお茶や、ビスケットをお供に、休日の午後にゆっくりお楽しみください。

いつもありがとうございます

にほんブログ村 本ブログへ

広告