【ルビねこと星ものがたり】本屋さんの不思議猫と仲間たちのあったかストーリー第三巻【小学校中学年以上】

広告

ルビねこと星ものがたり   野中柊/作 松本圭以子/絵 理論社

ルビは本屋さんのほこりから生まれた小さな猫です。ある日、高いところにある本をとろうとジャンプして、ルビは失敗してかっこ悪く落ちてしまいます。恥ずかしくなったルビは、落ち込んでしまいますが、白猫のリリがはげましてくれるのでした……

この本のイメージ メルヘン☆☆☆☆☆ ねこ☆☆☆☆☆ 本っていいね☆☆☆☆☆

ルビねこと星ものがたり   野中柊/作 松本圭以子/絵 理論社

<野中柊>
野中 柊(のなか ひいらぎ、1964年12月5日~)日本の小説家。新潟県出身。新発田市で育つ。立教大学法学部卒業後、渡米。ニューヨーク州在住中に「ヨモギ・アイス」で作家デビュー。

<松本圭以子>
1957年生まれ。イラストレーター。1984年渡米。ニューヨークパーソンズスクールオブデザイン・イラストレーション科卒業後、1989年に帰国。翻訳もの・ミステリーなど書籍の装画や、雑誌コラムなどの挿画を多く手がける。1992年よりスペース・ユイにて定期的に個展を開催。

ルビねこと星ものがたり   野中柊/作 松本圭以子/絵 理論社

 本屋のほこりから生まれた小さな猫、ルビと飼い主モシモさんの心の交流を描くほのぼのファンタジー「本屋さんのルビねこ」シリーズ、第3巻です。初版は2020年。

 お話が続いていますので、まずは「本屋さんのルビねこ」からお読みください。
 「本屋さんのルビねこ」のレビューはこちら

 ルビとは、文章の振り仮名のこと。飼い主のモシモさんは本屋さんなので、小さな子猫に「ちっちゃい」という意味でこの名前をつけました。

 今回のお話は……

 ある日、高いところにある本を取ろうとしてルビはジャンプしますが、うまくできなくて落下してしまいます。
 猫がジャンプに失敗してしまうなんて……

 ルビは落ち込んで、ベッドの下に隠れてしまいます。

 だけど、雨上がりの日、外に出たらアンティークショップの白猫のリリが元気付けてくれました。
 リリは、自分の店の望遠鏡を使ってルビに星をみせてくれます。

 小さな成功を積み重ねて、だんだん高くジャンプできるようになったルビ。

 やがて……

 ……と、いうのがあらすじ。

 ルビは、本屋さんの「ほこり」が集まって生まれた不思議猫。
 本屋のモシモさんに可愛がられ、たくさんの友だち猫もできたけれど、「自分は本当の猫じゃない」ことを誰にも言えないでずっと気にしています。

 だから、ふつうの猫なら難なくできることを失敗したとき、どうしても気にしてしまうのでした。

 今回も高いところからのジャンプに失敗し、ひどく落ち込んでしまうルビ。
 でも、白猫のリリの応援で、少しずつ、できなかったことができるようになります。

 何かにあこがれること、何かを目指すこと、失敗してうまくゆかないこと、そして、少しずつ、成功を積み重ねること……

 小さなお子さまにとって必要なことが、やさしいストーリーで語られます。

 とにかく、ネガティブなところがひとつもなく、すべてのキャラクターが優しい。一見、いじわるそうに見える人も、本当は心が温かく、ちゃんとわかりあえる展開です。

 最初、どうしてほこりから生まれたとか言う不思議な設定にしたんだろ、そもそも猫がしゃべるというファンタジー設定なのだから、ただの捨て猫でよかったのでは? と思っていたのですが、この「ほこりから生まれた」と言う不思議設定が、あとから重要な意味をもってくるのです。

 「自分はほんとうの猫ではない」と言う、本人にとっては重大でおそらく他人にとってはどうでもいい悩みをずっと抱えているルビは、何かをするときにいつも、すこしだけ自信が足りません。ふつうの猫にできたとしても、自分にはできないのじゃないかしらといつも思っているから。

 ああ、あるある。

 他人にはどうでもいいんだけど、本人にとっては重大な、生まれつきの何か。そういうのは、誰にでもある。足が遅いとか、身体が小さいとか、声質だとか、体質だとか。
 たとえそれが、大きな障害でなくても、本人にとっては大きな問題だったりする。

 でも、ルビは、少しずつ、少しずつ、乗り越えてゆきます。小さな前進を繰り返しながら。

 字は適度に大きくて、難しい漢字には振り仮名がふってあります。賢い子なら小学校中学年から。本を読みなれていない場合は、小学校高学年から。

 ねこ好きのお子さまにおすすめです。
 松本圭以子先生の挿絵が可愛らしく、ふんだんに入っています。装丁もおしゃれなので、読み終わったときにリビングに飾れます。

 ねこ好きのお子さまの読書欲を掻き立てるために、ルビねこのシリーズはいかがでしょう。毎回、小さなお子さまにとって大切なテーマも潜んでいます。

 きつい要素が一つもない、あたたかなメルヘンなので、保護者の方が読み聞かせをされても癒されることでしょう。とくに、ねこが好きな方、ストーリーだけでなく、愛らしい挿絵にも癒されます。

 子どもが読んでも大人が読んでも心があったかくなるルビねこシリーズ。
 読書の秋にぜひどうぞ。

繊細な方へ(HSPのためのブックガイド)

 ネガティブな要素がいっさい、ありません。HSPHSCにおすすめです。
 心がしんどいとき、疲れたとき、そんなときに読むとじわじわと癒される物語です。

 やろうとしたことがうまくできないルビに、友だちたちは温かく、少しずつできるようになれるよう、協力します。きつさや厳しさのない物語ですが、成長はあります。

 繊細なお子さまや、ご病気のお子さまへのお見舞いに。
 読後は、具沢山のオムレツが食べたくなります。ご用意を。

お気に入り登録をしてくださればうれしいです。また遊びに来てくださいね。
応援してくださると励みになります。

にほんブログ村 本ブログへ

広告