【らくだい魔女】伝説の剣を探して。謎また謎の魔女姫ストーリー第5巻。【らくだい魔女とゆうれい島】【小学校中学年以上】

広告

らくだい魔女とゆうれい島  らくだい魔女シリーズ 5  成田サトコ/作 千野えなが/絵  ポプラ社

あたし、フウカ。風をつかさどる銀の城のお姫様にしてれっきとした現役魔女。親友のチトセのためにゆうれい島から伝説の剣を持ち帰ろうと冒険に出たあたしたちなんだけど……(らくだい魔女とゆうれい島  らくだい魔女シリーズ 5  成田サトコ/作 千野えなが/絵  ポプラ社)

この本のイメージ 異世界ファンタジー☆☆☆☆☆ 魔女☆☆☆☆☆ プリンセス☆☆☆☆☆

らくだい魔女とゆうれい島  らくだい魔女シリーズ 5  成田サトコ/作 千野えなが/絵  ポプラ社

<成田サトコ>
1981年秋田県に生まれる。児童文学の未来をになうエンターテイナーを求める公募、ポプラ社Dreamスマッシュ!大賞にて、[らくだい魔女はプリンセス」が第1回大賞を受賞、作家デビュー。岩手県在住

<千野えなが>
日本のイラストレーター。女性。東京都出身。千葉県在住。イラストレーターの武田日向は4歳上の実姉にあたる。主な挿絵作品は「らくだい魔女」「きらめき12星座」「ステップファザーステップ」「ミラクルクッキーめしあがれ!」「海の娘アレーア」などがある。

 劇場版アニメにもなったロングセラー児童小説「らくだい魔女」シリーズ、第5巻。「らくだい魔女とゆうれい島」の初版は2008年です。

 お話は、それぞれの巻で完結はしていますが、主人公フウカの出生の秘密など大きな流れがあるので第一巻からお読みになったほうがいいでしょう。

 第1巻「らくだい魔女はプリンセス」のレビューはこちら↓ 

 今回のお話は……

 チトセのおじいちゃん、大魔法使いグラウディの生誕祭のお祝いに「ゆうれい島」に封印されているらしい失われた聖剣を持ち帰ろうと思いついたフウカ。

 フウカ、チトセ、カリンのいつもの3人組で謎につつまれた島「ゆうれい島」に向かいます。

 そこでは伝説の悪魔が復讐の時を待っていて……

 ……と、いうのがあらすじ。

 毎度のことながら、フウカの怖いもの知らずな性格には度肝を抜かされます。
 「ちょっとそこまで」買い物に行くくらいのノリで冒険に出てしまう。

 ふだんの勉強や行儀作法などは大の苦手なのに、こういうときの決断力と行動力はピカイチ。そんなフウカの性格をよくわかっていてチトセとカリンもつきあっているんですね。
 今回のお話では、聖剣をめぐる冒険だけでなくフウカの出生の秘密……謎につつまれたフウカのお父さんについても少しだけ触れられます。

 お父さん、人間かと思っていたのですが違うかもしれない。

 フウカはお母さんゆずりの風の魔法だけでなく、もうひとつ強い魔法が使えることがわかったのでした。フウカの金色の髪の秘密といい、明かされる時が楽しみです。

 「ふつうとは違う」ところがたくさんあるのに、クヨクヨ悩むことも引け目に感じることもなく、底抜けに明るく前向きなフウカ。
 お母さんである銀の城の女王様やお城の人たちに愛されてすくすく育ってきたんでしょうね。

 文章は平易で、フウカの一人称です。小説に慣れていないお子さまにも読みやすいはず。 漢字はそれほどなくひらがな多め。難しい漢字には振り仮名が振ってありますので、小学校中学年から。賢い子なら低学年からでも大丈夫でしょう。

 千野えなが先生の挿絵も抜群に可愛らしく、表情豊かで魅力的。ひとつひとつの場面が鮮やかに目に浮かびます。

 魔法や魔女、プリンセス、プリンス、そして女の子の冒険物語が好きなお子さまに。
 元気いっぱい、冒険いっぱいの魔女姫ファンタジー「らくだい魔女とゆうれい島」をぜひどうぞ!

 ※この本には電子書籍もあります

繊細な方へ(HSPのためのブックガイド)

 ネガティブな要素はまったくありません。明るくさわやかな魔女姫ファンタジーです。魔女ものアニメがお好きなお子さまに。女の子の冒険物語が好きな方に。

 読んでいるだけで元気が出てくる物語です。

商品ページはこち

お気に入り登録をしてくださればうれしいです。また遊びに来てくださいね。
応援してくださると励みになります。

にほんブログ村 本ブログへ

広告