【真夜中の妖精】中国からやってきた不思議なファンタジー。池の妖精と少女の友情物語【トゥールトゥルとふしぎな友だち】【小学校低学年以上】

広告

真夜中の妖精 トゥールトゥルとふしぎな友だち 湯湯/作 高野素子/訳 平澤朋子/絵

トゥールトゥルは、音のない世界で生きていました。お正月のお芝居が大好きな彼女は、舞台がよく見える、池のほとりのやなぎの木の上から、ひとりぼっちでにぎやかな舞台を見ていたのです……

この本のイメージ 中国ファンタジー☆☆☆☆☆ 妖精と人間の友情☆☆☆☆☆ せつない☆☆☆

真夜中の妖精 トゥールトゥルとふしぎな友だち 湯湯/作 高野素子/訳 平澤朋子/絵 あかね書房

<湯湯>
1977年中国浙江省武義生まれ。自然豊かな故郷で育ち、小学校教師を経て児童文学作家に

<高野素子>
1959年大阪府生まれ。1984~1987年上海の復旦大学に留学。日中児童文学美術交流センター、中国児童文学研究会会員。おもに「虹の図書室」(日中児童文学美術交流センター)に翻訳を発表

<平澤朋子>
1982年東京都生まれ。武蔵野美術大学卒業。

真夜中の妖精 トゥールトゥルとふしぎな友だち 湯湯/作 高野素子/訳 平澤朋子/絵

 中国からやってきた、ほのぼのファンタジー、「トゥールトゥルとふしぎな友だち」シリーズの第一巻です。本国初版は2017年。原題は……本には書いてあるんですけど、フォントの出し方がわかりません……。日本での初版は2019年です。

 じゃがいも、と言う意味の名前、トゥールトゥルという女の子が出会う、不思議なお話のシリーズのようです。

 お話は……

 トゥールトゥルは、病弱な女の子。2歳のとき高熱を出してから耳が聞こえなくなってしまいました。音のない世界で生きてきたトゥールトゥル。彼女は、池のほとりの古い柳の木に座って、お正月のお祭りの舞台を見るのが好きでした。

 そんなある日、池の上にひとりの女の子が座っているのを見つけます。

 トゥールトゥルは、その不思議な女の子ルールーと仲良くなって、真夜中に一緒に遊ぶようになりました。ところが、偶然、男の子が池に落ちて溺れそうになったことをきっかけに、ルールーのことが悪い噂になって……

 と言うのがあらすじ。

 不思議な存在と人間との友情、ちょっとビターなハッピーエンドです。

 中国の、小さな村のにぎやかなお正月の様子や、屋台の食べ物などが詳細に描かれ、異国情緒を堪能できます。
 妖精と人間との交流は、日本の昔話にも通ずるところがあります。

 内気でおとなしいけれど、物怖じしない、トゥールトゥル。彼女は、仲良くしている相手が人間か、そうでないかなんて最初から関係なかったのでした。そんなシンプルな考え方の彼女だからこそ、ルールーと心を通わせることができたのでしょう。

 ルールーは、トゥールトゥルだけにそっとプレゼントを残してくれます。

 文明が発達すると、どうしても、自然環境を人間の都合で破壊してしまいます。より便利になるために、より豊かになるために、だけでなく、ルールーの池のように、誤解や偏見、思い込みでも起きます。それは、どこの国でも同じことのようです。

 こどもなら、人間以外のものにも心があるかも知れないこと、大自然と人間との付き合い方を考えるきっかけになるかもしれまん。そんなことを考えなくても、不思議なことが大好きならファンジーとして楽しめます。
 大人なら、なつかしい田舎に久しぶりに帰ったときに、変貌してしまっているせつなさを思いだして、しんみりとするかもしれません。けれども、いい話です。

 字は大きく、ひらがなが多くて読みやすいのですが、振り仮名が全部にふられているわけではないので、最初は読み聞かせをしてあげてください。お子さまが自分で読むためには、最初に保護者の方が振り仮名を追加してあげたほうが読みやすいと思います。小学校低学年から。

 優しくて、ほのぼのして、そして、ちょっぴりせつなくなるファンタジー。でも、どこか、なつかしい気持ちにもなるお話です。音のない、静かな、あたたかな物語。冬のお休みに、ぜひどうぞ。

繊細な方へ(HSPのためのブックガイド)

 ちょっとせつない友情物語ですが、いいお話です。HSCのお子さまのほうが多くのことを読み取れるでしょう。小学校低学年向けですが、ちょっと振り仮名が足りない気がするので、難しい字の振り仮名は、保護者の方が追加してあげるといいんじゃないかと思います。

 しみじみと心にしみるファンタジーです。
 読後は、ワンタンスープが飲みたくなるかもしれません。

お気に入り登録をしてくださればうれしいです。また遊びに来てくださいね。
応援してくださると励みになります。

にほんブログ村 本ブログへ

広告