【チュウチュウ通り】ねずみたちの小さな町の物語。読み聞かせにおすすめの小さな絵本です【ゴインキョとチーズどろぼう】【5歳 6歳 7歳】

2022年8月20日

広告

チュウチュウ通り 一番地  ゴインキョとチーズどろぼう エミリー・ロッダ/作 さくまゆみこ/訳 たしろちさと/絵 あすなろ書房

ハツカネズミのすむネコイラン町には、チュウチュウ通りというすてきな通りがあります。その1番地にすむのは、お宝チーズをいっぱいもってるお金もちネズミのゴインキョ。でも、ある夜奇妙な手紙が届きます……

この本のイメージ かわいい☆☆☆☆☆ ほのぼの☆☆☆☆☆ ハッピーエンド☆☆☆☆☆

チュウチュウ通り 1番地  ゴインキョとチーズどろぼう エミリー・ロッダ/作 さくまゆみこ/訳 たしろちさと/絵 あすなろ書房

<エミリー・ロッダ>
Emily Rodda、1948年4月2日~。オーストラリア・シドニー生まれのファンタジー作家。代表作は「ふしぎの国のレイチェル」「リンの谷のローワンシリーズ」など。

<さくまゆみこ>
東京生まれ。出版社勤務を経てフリーの翻訳家に。訳書にエミリー・ロッダ「リンの谷のローワン」シリーズ、「ふしぎの国のレイチェル」「テレビのむこうの謎の国」ホーキング「宇宙への秘密の鍵」など。

<たしろちさと>
東京生まれ。大学で経済学を学んだ後、四年間の会社勤めを経て絵本の制作をはじめる。絵本に「みんなの家」「ねずみのじどうしゃ」「すずめくんどこでごはんたべるの?」「くんくんいいにおい」など。

チュウチュウ通り 一番地  ゴインキョとチーズどろぼう エミリー・ロッダ/作 さくまゆみこ/訳 たしろちさと/絵 あすなろ書房

 昨日に続き、ねずみファンタジーです。本日は絵本。

「リンの谷のローワン」シリーズでおなじみ、エミリー・ロッダの絵本です。原題はOld Bun and the Burglar (Squeak Street Stories).初版は2005年。日本での初版は2009年です。

 原書の挿絵はAndrew McLeanアンドリュー・マクリーンという方ですが、日本版はたしろちさと先生が描いています。ただし、絵を見ると、かなり寄せているようで、原書版の雰囲気を大切にしてくださったようです。

 さて、ストーリーは……

 はつかねずみたちの住むネコイラン町にチュウチュウ通りというすてきな通りがあります。
 その一番地に住むのはゴインキョという大金持ち。彼は家にお宝チーズをどっさり持っているんです。

 そのゴインキョのもとに、奇妙な手紙が届きます。最近、ネコイラン町にはお年寄りを狙う泥棒が出没しているので、3匹のガードマンを雇うことをおすすめします、と言うもの。

 つごうよく、3匹のガードマンねずみが訪ねてきたので、早速雇うことにしたゴインキョ。でも、3匹の様子はおかしくて、お宝チーズをどんどん、ゴインキョの部屋から一番遠い空き部屋へ運び込んでしまいます。

 この3匹の正体こそが実は強盗団。しかし気がついたときには遅く、もうだめだと思ったとき、空き部屋で雨露をしのいでいた子ねずみバートが近所中を叫んで駆け回り、ご近所のみなさんが立ち上がってくれ、悪者を追い払うことができたのでした。

 喜んだゴインキョは、近所のみなさんを招待して、盛大なチーズパーティーを開いたのです。めでたし、めでたし。

 と、いうのがあらすじ。

 びっくりするような展開の連続で、ゴインキョは助かり、一緒に暮らしてくれる孫のようなねずみもできて、ハッピーエンド。

 46ページと言う短いお話ですが何度もどんでん返しがあり、構成がお見事。絵本とは思えないほど読み応えがあります。
 しかも、特殊詐欺の手口を詳しく書いているところも、すばらしい。さすがとしか言いようがありません。

 こういうの、親子で、またはお年寄りとお孫さんとで読み聞かせするのも、いいですね。
 お話が面白いだけでなく、知育の効果もあります。

 フルカラーのさし絵も素朴でかわいらしく、なによりチーズがおいしそう。

 本のサイズは小さく、「ピーターラビットの絵本」と同じくらいの、教科書サイズ。字はほどよい大きさで読みやすく、ひらがなが多く、すべての漢字にはふりがながふってあります。ですから、ひらがなさえ読めれば、こつこつひとりで読めるので、読み聞かせだけでなく、ひとり読みにも最適。小さい本なので、手軽に持ち歩けます。ちょうど長めのお話を読み始めた頃に。

 また、お年寄りのゴインキョと子ねずみのバートが仲良くなるお話なので、お孫さんへのプレゼントにもおすすめです。お礼に、お孫さんからおじいちゃん、おばあちゃんに読み聞かせしてあげてはいかがでしょう。

 巣篭もり期間、お孫さんからオンラインでおじいちゃんおばあちゃんに朗読のプレゼントをするなら、「ゴインキョとチーズどろぼう」は、絶対おすすめですよ!

繊細な方へ(HSPのためのブックガイド)

 ネガティブな要素はありません。かわいくて、ゆかいで、ちょっぴりためになる、ハートフルストーリーです。ゴインキョのチーズがとてもおいしそうなので、読後はチーズが食べたくなることまちがいなし。
 できれば、丸いチーズをご用意して、お読みくださいね。

お気に入り登録をしてくださればうれしいです。また遊びに来てくださいね。
応援してくださると励みになります。

にほんブログ村 本ブログへ

広告