キッチン, 本棚

ある日、のねずみのフィオナが真剣な顔でやってきした。なかよしの友だち四ひきをなかなおりさせるお菓子がほしいというのです。そんな魔法のお菓子はないけれど、でも、お菓子の力でフィオナをたすけたいルルとララ ...

本棚

とあるかわのほとりに たたずむおしろ。 そこにむかう サウスポー伯爵。そう、ここは「ヒミツのひだりききクラブ」。ひだりききの世界を案内しよう…… この本のイメージ 左利き☆☆☆☆☆ 左利きの偉人☆☆☆ ...

本棚

おれの名はテール。海の宅配便「ドルフィン・エクスプレス」の配達員だ。ある日、ひょんなことからスリの女の子ルキを助け、めんどうを見ることに。だけど、ルキのもっていた財布から、さらなる危険に巻き込まれ…… ...

本棚

ある日、古い百人一首の箱から、「来ぬ人をまつほの浦の夕なぎに」のふだが消えてしまった。対となる「やくやもしおの身もこがれつつ」のふだが、「来ぬ人を」のもとへ行きたいと神様にお祈りすると、なんと貴族の女 ...

本棚

むかしむかし、まずしいけれど、こころのやさしい おじいさんとおばあさんが、おりました。ゆきのふる さむいおおみそかに、おじいさんは、町でうれのこったかさを おじぞうさまに かぶせてあげました…… この ...

キッチン, 本棚

ある日、こまったさんのお店に宅急便がとどきました。それを受け取ったら、あら不思議。こまったさんのお花屋さんは、突然ラーメン屋さんに早変わり。「うまくてこまった、やすくてこまった」の「こまったラーメン」 ...

本棚

選ばれし者しか読むことが出来ない「サロモンの書」の読み手となったノアは、ものを言うねずみ、パルメザンとともに旅に出ました。途中で魔女狩りの歴史をもつきらびやかな街に立ち寄ります。そこで、不思議な女性と ...

本棚

大人って、いいかげん。あれだってこれだって、ズルい。今日こそ、言ってやる。わたしには不満があるの! ………… 小さな子の感じる「ちょっとした不満」をかわいく描いた、ユーモアあふれる絵本です。  この本 ...

本棚

まちの動物病院のまちの先生は、町の動物のお医者さん。大きなねこのとらまると暮らしています。けれど、まちの先生は知りません。とらまるが、真夜中に「やまの動物病院」をひらいていることを…… この本のイメー ...

本棚

少しずつ自信をつけて成長をはじめたかすみ。最近、友だちの塁くんの様子が変で心配です。何か、他人には言えない悩みがあるみたい。そんなある日、かすみがリンクで塁くんにぶつかったことで、塁くんが怪我をしてし ...